須川高原

須川高原

須川高原のイメージバナー

エリア:東北・岩手県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月中旬

岩手、秋田、宮城の3県にまたがる栗駒山の中腹、標高1126mの須川高原では、高原ならではの澄んだ空気に映えるナナカマド、カエデ、モミジの色合いが実に見事です。また、高原の秘湯は300年以上の歴史を誇り、紅葉だけでなく温泉も楽しめる場所として旅行者に親しまれています。

紅葉の基本情報

紅葉する樹木 ナナカマド、カエデ、モミジ

アクセス


大きな地図で見る
住所 岩手県一関市厳美町国有林内
電車 JR東北本線一ノ関駅から岩手県交通バス須川高原温泉行きで1時間30分、終点下車すぐ
自動車 東北自動車道一関ICから国道342号を秋田方面へ42km
駐車場 無料
お問い合わせ 0191-23-2350 (一関観光協会)

付近のおすすめ宿

祭畤温泉 かみくらのイメージバナー
宿名:祭畤温泉 かみくら
最安料金:¥14,700~/人
アクセス:東北道一関ICで下り、国道342号を西へ約30km30分、世界遺産「平泉」へ約35分

祭畤温泉『かみくら』は昔から湯治客が通った名湯中の名湯です。杉木立の一軒宿で源泉掛け流し温泉は地元でも評判。大木を使い重厚な館内、地元の前沢牛、山菜岩魚料理『世界遺産の平泉、一関、栗駒山、厳美渓』には10分~45分のエリアと好立地なのもポイントです。

→宿の詳細はこちら!

付近の立ち寄り湯&温泉宿を探すならこちら!