永平寺

永平寺

永平寺のイメージバナー

エリア:東北・福井県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月上旬

曹洞宗の大本山として知られる永平寺は、寛元2(1244)年、道元禅師によって創建された出家参禅の道場です。今も200人ほどが禅の修行を行い、独特の雰囲気が漂います。境内の入口付近や最奥の法堂周辺が紅葉の見どころです。紅葉の美しさも名高く、木々が色づく見ごろには紅葉目当ての観光客が大勢訪れ、普段からも歴史ファンで賑わっています。

紅葉の基本情報

紅葉する樹木 ヤマウルシ、ハンノキ、カエデ、モミジ
有名スポット 入口に近い報恩塔(ホウオントウ)や祠堂殿(シドウデン)付近や最奥にある法堂(ハットウ)周辺

アクセス


大きな地図で見る
住所 福井県吉田郡永平寺町志比5-15
電車 えちぜん鉄道勝山永平寺線永平寺口駅から京福バス永平寺門前行きで13分、永平寺下車すぐ
自動車 北陸自動車道福井北ICから国道416号を経由し、国道364号を福井市方面へ車で9km
駐車場 無料
お問い合わせ 0776-61-3921 (永平寺町商工観光課)

付近のおすすめ宿

東喜家のイメージバナー
宿名:東喜家
最安料金:¥8,400~/人
アクセス:「福井北」ICより約15分。JR福井駅より越前鉄道勝山行「永平寺」下車。京福バス「永平寺」下車徒歩3分

曹洞宗の大本山「永平寺」は、約750年前に道元禅師によって開設。永平寺の目前にあるのでお参りに便利。写経など女性も多い。1階は土産物屋でお部屋は木の香漂う和室。お食事は旬の幸・山の幸が盛沢山です。一度お立ち寄り下さい。

→宿の詳細はこちら!

付近の立ち寄り湯&温泉宿を探すならこちら!