九州

九州

福岡県

エリア:九州・福岡県
例年の色づき:11月上旬
例年の紅葉の見ごろ:11月中旬~11月下旬

今から約250年前、灯明用のろうの原料として久留米藩が植樹したもの。約200本ものハゼの並木が1km以上も続いており、全国街路樹100選にも選ばれている。

エリア:九州・福岡県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月上旬

英彦山(ひこさん)は古くから修験道場として知られている霊山です。現在は英彦山神宮があり、杉の大木やブナ、カエデにおおわれた山内は四季の変化が格別の美しさを演出します。山頂からは雄大な展望が望められ、登山愛好家からも親しまれている山です。

このページのトップへ↑

佐賀県

エリア:九州・佐賀県
例年の色づき:11月上旬
例年の紅葉の見ごろ:11月中旬

古湯と熊の川温泉の中間地点に位置する佐賀県を代表する渓谷で、大小の奇石が折り重なる景観が素晴らしい。奇石の白と紅葉の赤、雄大な自然の中で、秋の風景を満喫することができるでしょう。

エリア:九州・佐賀県
例年の色づき:11月上旬
例年の紅葉の見ごろ:11月中旬

唐津競艇場から松浦河畔公園前の約1kmにわたって、「唐楓(トウカエデ)」が真っ赤に色付く、地元佐賀県で人気の紅葉スポットです。

このページのトップへ↑

熊本県

エリア:九州・熊本県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月中旬

平成元年10月に架設した梅の木轟公園の吊橋(橋長116m・高さ55m、吊床版橋)が紅葉の渓谷に白いリボンを張り渡したように架かり、周辺峡谷美と橋の独特な構造美が秋の渓谷に見事な調和をなしている、九州屈指の紅葉スポットです。

エリア:九州・熊本県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月中旬


風が吹くたびに花吹雪の様に落ち葉が舞い散る様は秋の 深まりとやがて訪れる冬の雪を連想させます。秋の渓流に映える紅葉は特に素晴らしく、大小さまざまな瀬・渕・滝が岩と調和し、移り変わる自然の妙を楽しめる、熊本県屈指の紅葉スポットです。

このページのトップへ↑

長崎県

エリア:九州・長崎県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月上旬

雲仙は紅葉する植物が120種類以上と言われ、この一帯は昭和3年西日本の典型的な紅葉として、国の天然記念物(普賢岳広葉樹林)として指定されており、10月下旬には緑濃いモミ、ヤマグルマ等の紅と自然が生み出す色の対比は「錦しゅう」と呼ぶにふさわしいあざやかな景観を見せてくれます。景観を楽しむ場所は普賢岳、妙見岳など各山の山頂や仁田峠展望台、有料道路随所にがありますが、国見岳山頂からは特に素晴らしい景観です。

このページのトップへ↑

大分県

エリア:九州・大分県
例年の色づき:11月上旬
例年の紅葉の見ごろ:11月中旬~12月上旬

岡城は断崖絶壁に建てられた古城で、滝廉太郎の荒城の月のモチーフにもなった日本音楽の歴史的名所です。モミジを中心に2,500本の木々が秋を彩ります。

エリア:九州・大分県
例年の色づき:11月上旬
例年の紅葉の見ごろ:11月中旬

頼山陽に絶賛された山国川流域に広がる名勝地。まるで南画を見ているような一大峡谷の美しさは、本耶馬渓、深耶馬渓、裏耶馬渓、奥耶馬渓など広大な地域に及び、全国からの観光客が後を絶たない大分県屈指の紅葉スポットです。赤や黄に染まる秋は、耶馬渓全体が燃えるように美しく、一目八景の展望台から見上げる紅葉が特におすすめです。

このページのトップへ↑

宮崎県

エリア:九州・宮崎県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月上旬

えびの高原の紅葉は、池巡りコースの百紫池から白鳥山・六観音池へと続く、白鳥山北展望台からの大パノラマとコバルトブルーの湖面に映える目の覚めるような鮮やかで真っ赤な紅葉が魅力の紅葉スポットです。

エリア:九州・宮崎県
例年の色づき:11月上旬
例年の紅葉の見ごろ:11月中旬~11月下旬

カエデ、モミジ、ケヤキ、ナラ、ハギ、ハゼ、イチョウ、クヌギが紅葉する様は実に見事です。。高千穂町は標高が約200mから1,757m間に位置するため紅葉の期間も長く、秋には雲海に包まれる。これが消えるころの紅葉との調和は素晴らしく見応えがあります。

このページのトップへ↑

鹿児島県

エリア:九州・鹿児島県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:11月中旬~11月下旬

県道1号小林・牧園線沿線(旧霧島スカイライン)は霧島温泉郷からえびの高原に至るルートで鹿児島県屈指の紅葉スポットとして有名です。標高の高いところから徐々に紅葉が始まる姿は息をのむ美しさ。標高1,411mの大浪池は紅葉の名所として人気があり、国道223号、霧島市牧園町高千穂柳平一帯(新川渓谷)は、天降川に沿って温泉宿が点在します。渓谷の紅葉が楽しめる紅葉スポットです。

エリア:九州・鹿児島県
例年の色づき:11月中旬
例年の紅葉の見ごろ:11月下旬~12月上旬

滝幅210m、高さ12mの壮大なスケールを誇り、別名「東洋のナイアガラ」とも呼ばれる曽木の滝。豪快な滝の白い水しぶきに映し出されるモミジやイチョウは、その彩りを一層艶やかにしてくれます。例年、勤労感謝の日を中心とした1週間が一番の見頃となります。また、もみじ祭りの期間中は、滝や紅葉のライトアップが行われます。夜の紅葉の美しさをは格別です。

このページのトップへ↑