10月

10月

北海道

札幌

エリア:札幌・南区
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬

見ごろの時期になると、エリア全てが美しく色付く樹木が多く見られます。温泉街から渓流に沿って続く散策路を歩いても見事に色付いた紅葉を楽しめますが、かっぱ淵の二見吊り橋からいこい橋付近が最も美しいと言われています。紅葉ゴンドラが運行されており、山頂からの眺めを楽しめます。

エリア:札幌
例年の色づき:10月初旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~10月下旬

住宅街からすぐの意外な穴場です。周囲には散策路もあり、いろいろな角度から紅葉が見られる魅力あるスポットです。また、距離は長くありませんが黄色に色づくイチョウ並木や、赤や黄色に紅葉するブナやサクラの植えられている広場も見応えのあるポイントです。

エリア:札幌・中央区
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~10月下旬

遊歩道が整備されており、楽しくハイキングしながら紅葉が楽しめる、ファミリー向けの紅葉スポットです。のんびり歩きながら秋を感じてみてはいかがでしょうか。園内は北に北海道神宮境内、南に円山原始林が広がっている円山公園は、陸上競技場や野球場、テニスコートなど、さまざまな運動施設が集まっているスポーツの一大フィールドでもあります。園内には、動物園(円山動物園)もあります。

エリア:札幌・南区
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月中旬

支笏湖は日本で2番目に深い湖です。湖の北側には恵庭岳、南側には風不死岳、樽前山の支笏三山がそびえ立ちます。透明度が高く、シナノキ、ヤマモミジ、イチョウなど色とりどりの紅葉がくっきりと湖面に広がる眺めは実に感動的です。また、水中遊覧船から眺めるのも人気があります。期間中に行われる紅葉まつりは要チェックです。

このページのトップへ↑

道央

エリア:道央
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬

毎年みごとな紅葉が湖を秋色一色に染めあげる名勝。三笠市にある桂沢湖は、桂沢ダムの完成によりできた大人造湖。道立自然公園に指定されています。10月上旬から徐々に森全体が色づき始め10月中旬には、赤・黄の鮮やかな色彩が湖を彩る、見事な紅葉風景を楽しめます。また、毎年秋に開催されるみかさ桂沢紅葉まつりは必見です。

エリア:北海道・道央
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月中旬

秋になると、ニセコアンヌプリ、イワオヌプリなどの紅葉を楽しむため多くのレジャー客や登山者がつめかける名所。山肌は低い樹木が錦絵のように鮮やかに色付いています。 紅葉のあまりのきれいさに歓声があがるほど。

このページのトップへ↑

道北

エリア:道北
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬

大雪山の紅葉は日本で一番早いと言われています。層雲峡は大雪山の山々への足がかりとなる温泉街として知られている人気観光地です。ロープウェイとリフトで黒岳(1984m)の7合目付近まで上がると、日本で最も早い紅葉が眺められる。ナナカマドやカエデなどの色づきは、ここから層雲峡まで約1ヶ月かかって下りてくる。層雲峡付近は渓谷が最も美しく、国道沿いを散策するだけでも楽しい紅葉スポットです。

エリア:道北
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~年10月中旬

「カムイコタン」とはアイヌ語で「神のいるところ」の意味。旭川市街から石狩川を10kmほど下った所にあり、川の流れは激しく、アイヌの伝説に登場する、奇岩、おう穴群が点在します。旭川を代表するパワースポットで、道北有数の景勝地がナナカマド、ミズナラ、カエデなどで美しく彩られた眺めはまさに神秘的な紅葉をみせてくれます。

エリア:北海道・道北
例年の色づき:9月中旬~9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月中旬

ウトロと羅臼を結ぶ知床横断道路の頂点、知床連山の尾根筋にあたる標高738mの峠です。ここから見る羅臼岳の紅葉は実に見事で、天候が良ければ国後島まで望むことができます。道北の名所と名高い峠です。

このページのトップへ↑

道南

エリア:北海道・道南
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~10月下旬

大沼湖の風物詩わかさぎ漁がはじまると、大沼湖、小沼湖、じゅんさい沼などの湖畔一帯が、色鮮やかに染まる紅葉の季節となります。中でも湖から秀峰駒ヶ岳(1,131m)を望む景色が素晴らしい絶景です。

エリア:北海道・道南
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月中旬

渡島半島を太平洋側から日本海側に渡る雲石街道の途中にあるのが名所「雲石峡(雲石峠)」。沿道では見事な渓谷美を堪能することができます。秋には、赤や黄色に色づいた美しい森が広がり、紅葉の名所としても知られています。

このページのトップへ↑

道東

エリア:札幌・東区
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月中旬

ネス湖の「ネッシー」のような怪獣伝説のあるのが屈斜路湖。雄大なこの湖では、カヌーなどのスポーツが盛んに行われています。ナナカマド、ヤマウルシ、カエデなどの紅葉が湖畔の水面に反射し美しい情景を映し出しています。

エリア:北海道・道東
例年の色づき:9月上旬
例年の紅葉の見ごろ:9月中旬~初雪まで

優美な裾野に見事な紅葉が広がる名所。最盛期には紅葉狩りを楽しみながら点在する温泉巡りを楽しむこともできる、北海度・道東地区を代表する山です。

エリア:北海道・道東
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月中旬

雌阿寒岳の麓にある小さな湖オンネトー。原生林に囲まれ神秘的な雰囲気を味わえる、道東屈指の紅葉地です。特に、天候・見る角度によって色が変わる湖は別名「五色沼」は必見。秋にはカエデなどの木々が湖面を鮮やかに染めあげ、幻想的な雰囲気を映し出します。

このページのトップへ↑

東北

青森県

エリア:東北、青森県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~10月下旬

酸ヶ湯温泉は、千人風呂と呼ばれる広さ80坪もの総ヒバ造りの大浴場で有名です。周辺には地獄沼があり、10月から色づき始める紅葉は絶景の一言!大自然が少しずつ色づいてくる様は圧巻でありながらも荘厳。青森を代表する紅葉スポットの一つです。

エリア:東北・青森県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月中旬

八甲田山は青森市の南側にそびえる火山群の総称です。八甲田は大岳を主峰とし、北八甲田と南八甲田の16の峰から成ります。北八甲田の田茂萢岳の山頂近くまでロープウェイがかかり、360度のパノラマ紅葉を気軽に楽しむことができます、

エリア:東北・青森県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月上旬

弘前公園に残る天守閣や城門は390年以上の歴史を誇る重要文化財です。紅葉の季節になると、風情のある古城が色鮮やかな秋の装いを醸し出します。城郭を彩るサクラやモミジは、弘前が歩んできた歴史を今に伝えているかのようです。

このページのトップへ↑

岩手県

エリア:東北・岩手県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月中旬

秋にはアオモリトドマツの樹海の中に、黄色い葉をつけたダケカンバの白い樹幹が幻想的に浮き上がる、絶好の紅葉スポットです。実際の光景はスケールが大きく、あたり一面がオレンジ色のグラデーションのように華やかです。是非足を運んでみてください。

エリア:東北・岩手県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月上旬

奥州藤原氏3代の廊所、「中尊寺金色」の名勝で有名な古刹で、紅葉の美しさも格別です。850(嘉祥3)年に慈覚大師によって開かれ、12世紀初めに藤原初代清衡が戦死者への供養と悠久の平和を願って再興したという由緒ある名所で、秋だけでなく、年中観光客が絶えることがありません。

エリア:東北・岩手県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月中旬

岩手、秋田、宮城の3県にまたがる栗駒山の中腹、標高1126mの須川高原では、高原ならではの澄んだ空気に映えるナナカマド、カエデ、モミジの色合いが実に見事です。また、高原の秘湯は300年以上の歴史を誇り、紅葉だけでなく温泉も楽しめる場所として旅行者に親しまれています。

エリア:東北・岩手県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月上旬

釜石市と遠野市の境に位置する仙人峠。2007年3月に新仙人峠道路が開通しましたが、旧道の釜石側の道はループ形式となっていて、山の奥深さが実感できる名所です。目の前に迫ってくる色とりどりのナラ、ヤマザクラ、カエデが色とりどりに織りなす紅葉は、息をのむほどの美しさです。

このページのトップへ↑

宮城県

エリア:東北・宮城県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月上旬

JR鳴子温泉駅から車で約5分。国道47号に平行して走るV字型峡谷は、大谷川の侵蝕により成立した峡谷で、高さ約100mの断崖絶壁が2.5kmに渡って続く。奇岩と松の緑が点在する中に織りなす紅葉美は数ある名所の中でも第一級といわれるほど。紅葉期間中はJR鳴子温泉駅から中山平温泉駅間で路線バスが運行する。

エリア:東北・宮城県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月下旬

雄大な蔵王の山麓には紅葉の見どころが数多く点在する名所です。「日本の滝百選」にも選ばれている「三階滝」もみられます。ブナやミズナラが色づく紅葉の季節が最も美しいといわれている紅葉の名所です。ここから山を下ると神経痛やリウマチなどに効能があるといわれる遠刈田温泉もあり、そちらも多くの観光客が毎年訪れています。

エリア:東北・宮城県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月上旬

南蔵王山麓の深い森の中にあるのが長老湖です。青く澄んだ美しい湖で、湖面に色づいたブナ、ナラ、カエデなどが映える風景と正面にそびえる不忘山の景色は格別です!湖畔の遊歩道散策やボートにのりながら紅葉観賞を楽しめます。

このページのトップへ↑

秋田県

エリア:東北・秋田県
例年の色づき:10月初旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月上旬

角館は、秋田藩の支藩、佐竹北家の城下町として開けた町として知られる。みちのくの小京都角館の武家屋敷は春の「桜」で有名ですが、秋の紅葉も目を見張る素晴らしさです。近年では中国や台湾などの外国人観光客ががすごく増えています。

エリア:東北・秋田県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月上旬

深さ日本一を誇り、透明度も高い田沢湖周囲にはブナやカエデの原生林が広がり、その壮大さは言葉では尽くせないほど。抱き返り渓谷に着いて目に付くつり橋「神の岩橋」からの眺めや回顧(みかえり)の滝付近の紅葉はまさに絶景です。一部立ち入り禁止区域がありますので事前にチェックしておきましょう。

エリア:東北・秋田県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~10月下旬

宮城県に接する湯沢市を代表する小安峡は、古くからの温泉地としても知られている、観光スポットです。深くえぐられた渓谷を彩る紅葉は、岩肌とのコントラストが印象的で幻想的な美しさをみせてくれます。

エリア:東北・秋田県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~11月上旬

秋田県と山形県にまたがる鳥海山は出羽富士とも呼ばれ、日本海を間近に望んでいる名山です。気温の寒暖の差が激しく、四季の変化がはっきりとしているため、紅葉シーズンの景色は抜群です。五合目まで登る鳥海ブルーラインをドライブしながら見るブナなどの紅葉散策ルートがおすすめです。

エリア:東北・秋田県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月中旬

三途川という名称が示すとおり、その先は川原毛という地獄、青森県の恐山、富山県の立山に並ぶ日本三大霊地の一つです。断崖絶壁には高さ40mの橋が架かり、まさに「この世」と「あの世」の架け橋さながらといったところでしょう。そこから真っ赤に色づいた渓谷を眺めると、美しい紅葉風景も浮世離れしてみえるでしょう。オカルトファンにも密かに人気の渓谷です。

このページのトップへ↑

山形県

エリア:東北・山形県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月下旬

山形県と宮城県にまたがる蔵王連峰は、最高峰の熊野岳(1,841m)、地蔵山、刈田岳など1,700m級の山々が連なる、東北を代表する山々です。蔵王国定公園・中央蔵王を巡る蔵王エコーライン・ハイライン沿いには不動滝、三階滝、御釜など自然景観に富む名所が数多く点在します。9月下旬から始まる紅葉は、多くの観光客に感動を与える名スポットとして有名です。

エリア:山形県・山寺
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月上旬

通称「山寺」と呼ばれ親しまれる霊場・宝珠山立石寺です。秋に山が炎のように紅葉に包まれる様は圧巻で、特に五大堂からの眺めは格別です。紅葉シーズンの一定期間は(年度によって期間は異なります)、宝珠山のライトアップも行われます。

エリア:東北・山形県
例年の色づき:9月中旬
例年の紅葉の見ごろ:9月下旬~10月中旬

山形県の白布温泉から福島県の桧原湖北岸を結ぶ全長約18kmの西吾妻スカイバレーは、裏磐梯の絶景や、不動滝をはじめとする景勝地にも恵まれた、全国からの観光客が絶えない観光名所です。開湯700年の歴史を誇る白布温泉にも立ち寄り山形の紅葉を楽しむのがおすすめです。

このページのトップへ↑

福島県

エリア:東北・福島県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月下旬

高湯温泉から土湯峠までの全長29kmの磐梯吾妻スカイラインは、紅葉の見所として毎年多くの観光客が訪れる、紅葉スポットの中でも屈指のスポットです。中でも、作家・井上靖が選んだ「吾妻八景」からの展望が見どころです。また、周辺の豊富な湯量・泉質を誇る温泉地では湯めぐりも楽しめる、旅行向きのスポットです。

エリア:東北・福島県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月中旬

島山にある1周3kmの散策コースは、川沿いのため、福島随一の絶好の紅葉名所です。

エリア:東北・福島県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月下旬

磐梯山の噴火によって、桧原湖など大小約300の湖沼が裏磐梯にできたといわれています。その中でも代表的なものが五色沼。毘沙門沼、赤沼、みどろ沼、弁天沼、瑠璃沼、青沼などの総称です。片道約3.6kmのトレッキングコースがあり、沼とイタヤカエデ、ハウチワカエデ、ヤマウルシなどとのコントラストが満喫できるのは最高の一言です!

エリア:東北・福島県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月下旬

磐梯山の西側中腹を磐梯高原から猪苗代に抜ける全長約17kmの有料道路です。紅葉の名所としても知られ、樹海の中を縫うように走るヘアピンカーブが続きます。まぼろしの滝散策コースや猫魔八方台眺望コースなど、途中の遊歩道も整備されており、磐梯山の噴火口を間近に望みながら秋の裏磐梯の美しい景観を堪能できる名所です。

このページのトップへ↑

関東

東京都

エリア:関東・東京都
例年の色づき:11月中旬
例年の紅葉の見ごろ:11月下旬~12月上旬

特に絵画館を正面に臨むイチョウ並木が有名。最盛期には歩道さえも落ち葉による黄色い絨毯で覆われ、一面黄色の不思議な空間に迷い込んだような感覚を覚えます。

エリア:関東・東京都
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

立川飛行場跡につくられた、関東を代表する公園です。園内は水のゾーン・広場ゾーン・森のゾーンなどに分かれており、とにかく広大な自然景観が美しいのが特徴です。またサイクリングやバーベキューガーデン等のレジャー施設も完備されており、多くのファミリーで賑わいます。紅葉スポットも数多く、カナール(=運河)付近にあるイチョウの並木道などはたくさんの人たちでにぎわいます。

このページのトップへ↑

神奈川県

このページのトップへ↑

千葉県

エリア:関東・千葉県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月中旬~12月上旬

関東三不動の一つで、真言宗智山派の大本山です。天慶3(940)年からの歴史を誇る境内には5棟の重要文化財があり、年間を通して数多くの参詣者でにぎわっている名所です。紅葉の季節は特にすばらしい風情が楽しめます。

このページのトップへ↑

埼玉県

エリア:関東・埼玉県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月上旬

武信国境の十文字峠に源を発した中津川が、南天山と白泰山のせまるあいだを縫い、岩石をけずり深い谷間を形づくる、大自然溢れる景観です。大滑から谷の最奥の中津川地区までの8kmの間は100mにもおよぶ絶壁もあり、原生林の新緑や紅葉の時期には、奥秩父随一の美観と称賛され、県の名勝地に指定されている紅葉スポットです。

エリア:関東・埼玉県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月下旬

長瀞ライン下りを楽しみながらの、荒川流域のモミジ、クヌギ、ナラなどの紅葉が素晴らしい、埼玉県屈指の大人気紅葉スポットです。Aコース(上流の親鼻橋から長瀞)、Bコース(長瀞から高砂橋)の2コースがあり、両方とも所要約30分のゆったりコース。「月の石もみじ公園」では毎年ライトアップを行っており、その美しさは格別です。

エリア:関東・埼玉県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月中旬

荒川水系浦山川に建設されたダムで、重力式コンクリートダムとしては日本で2番目の高さを誇ります。堰止められてできた人工湖の秩父さくら湖は釣り場としても知られ、ダム周辺にはいくつもの広場が整備され、豊かな自然が生み出した様々な紅葉を眺めることができます。湖に迫った山並みが紅葉で覆われた眺めは見事です。

エリア:関東・埼玉県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月中旬

周囲を一周する道路も整備され、カヌー体験や釣りを楽しむことができます。色とりどりに染まった木々が湖水に映るさまは見事です。渓谷沿いの澄んだ流れと美しい紅葉を堪能できる散策もおすすめ!

エリア:関東・埼玉県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

名栗地区の霊地といわれる白雲山。山頂には赤く色づくカエデの中に、大観音と小観音が白く浮かび上がり、霊地にふさわしい神秘的な紅葉を鑑賞することができます。西遊記でお馴染みの「玄奘三蔵法師霊骨」が祀られていることでも有名です。また周辺にはハイキングコースが整備され、家族連れでも紅葉狩りを楽しめるおすすめスポットとなっています

このページのトップへ↑

茨城県

エリア:関東・茨城県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11中旬

日本三名瀑の一つに名を連ねる袋田の滝は、四季折々の表情を見せることで有名の茨城県を代表する絶景紅葉スポットです。秋には艶やかな紅葉のお化粧をし、その美しさは、かの西行法師が「花もみち 経緯にして山姫の 錦織出す 袋田の瀧」と詠んだことからもうかがい知ることができるでしょう。

エリア:関東・茨城県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

竜神川の浸食作用によってできたV字形の渓谷が美しく、関東の耶馬渓と呼ばれるのが竜神峡です。竜神川の流れる渓谷にはハイキングコースがあるので、ゆっくりと色づいたヤマウルシやカエデなどの風景を眺めつつ散策がおすすめです。古い滝つぼが変化してできたとされる亀ヶ淵や、渓谷下流の竜神ダム上空100mの空中散歩を楽しめる長さ375mの竜神大吊橋は必見の価値有り!

エリア:関東・茨城県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

福島県との県境近くにある花園渓谷は、紅葉シーズンになるとケヤキ、モミジともに美しく色づき、渓谷の景色を鮮やかに一変させます。花園神社に無料の市営駐車場があるのでそこから散策するのが良いでしょう。

このページのトップへ↑

栃木県

エリア:関東・栃木県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月上旬

「日本の道100選」にも選ばれている名所です。車中からでも山裾に広がる紅葉を楽しむことができ、標高差もあるので、紅葉前線が下りていく様子なども見ることができます。また、途中の黒髪平、明智平からは関東平野までも見渡せる大パノラマは絶景です。明智平からロープウェイで展望台まで上がると、中禅寺湖が一望できます。

エリア:関東・栃木県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月上旬

那須岳を中心とする那須連山の裾野に広がる、栃木県を代表する紅葉スポットが那須高原です。茶臼岳、朝日岳などでナナカマド、ドウダンツツジ、モミジ等が紅葉します。山腹から山頂にかけてロープウェイがかけられ、そこからの眺望は特に素晴らしい景観です。麓のボルケーノハイウェイ沿いでも、色鮮やかなナナカマドやモミジが楽しめます。

エリア:関東・栃木県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~11月上旬

中禅寺湖に注ぐ湯川にあるこの滝は、栃木県を代表する名滝です。その姿が天から駆け下りる竜の頭のように見えるため「竜頭」の名の由来になりました。滝の正面には観滝台があり、そこからの景観は見事です。奥日光では紅葉の訪れが最も早い場所としても知られ、滝を包み込むように広がる赤や黄色に色づいた木々は絶景の大パノラマを映し出します。

エリア:関東・栃木県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月中旬

川治温泉から川俣ダムへ向かう途中に続く渓谷。場所によっては、数百メートルはありそうな断崖絶壁に囲まれ、迫力のある風景となっている。秋には険しい渓谷が色づき、印象的な風景を見せる。荒々しいむき出しの岩肌と、紅葉が織りなすコントラストは一見の価値がある

このページのトップへ↑

群馬県

エリア:関東・栃木県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月上旬

「日本の道100選」にも選ばれている名所です。車中からでも山裾に広がる紅葉を楽しむことができ、標高差もあるので、紅葉前線が下りていく様子なども見ることができます。また、途中の黒髪平、明智平からは関東平野までも見渡せる大パノラマは絶景です。明智平からロープウェイで展望台まで上がると、中禅寺湖が一望できます。

エリア:関東・栃木県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月上旬

那須岳を中心とする那須連山の裾野に広がる、栃木県を代表する紅葉スポットが那須高原です。茶臼岳、朝日岳などでナナカマド、ドウダンツツジ、モミジ等が紅葉します。山腹から山頂にかけてロープウェイがかけられ、そこからの眺望は特に素晴らしい景観です。麓のボルケーノハイウェイ沿いでも、色鮮やかなナナカマドやモミジが楽しめます。

エリア:関東・栃木県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~11月上旬

中禅寺湖に注ぐ湯川にあるこの滝は、栃木県を代表する名滝です。その姿が天から駆け下りる竜の頭のように見えるため「竜頭」の名の由来になりました。滝の正面には観滝台があり、そこからの景観は見事です。奥日光では紅葉の訪れが最も早い場所としても知られ、滝を包み込むように広がる赤や黄色に色づいた木々は絶景の大パノラマを映し出します。

エリア:関東・栃木県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月中旬

川治温泉から川俣ダムへ向かう途中に続く渓谷。場所によっては、数百メートルはありそうな断崖絶壁に囲まれ、迫力のある風景となっている。秋には険しい渓谷が色づき、印象的な風景を見せる。荒々しいむき出しの岩肌と、紅葉が織りなすコントラストは一見の価値がある

このページのトップへ↑

甲信越

新潟県

エリア:甲信越・新潟県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月上旬

日本三大峡谷の一つに数えられ、清津川の流れにそって両岸数kmにわたって柱状節理の岩壁がそびえたつ国指定名勝天然記念物。現在は安全への配慮から約750m(往復1.5km)の「清津峡渓谷トンネル」が完成し、4ヶ所の見晴所から渓谷美を観賞できる。

エリア:甲信越・新潟県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月中旬

笹ヶ峰一周歩道として有名です。約10km、所要4時間でのんびり周回できます。紅葉を見ながらのハイキングが楽しめる、まったりと過ごしたい方向けの紅葉スポットです。

エリア:甲信越・新潟県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月中旬

弥彦温泉郷にあり、弥彦駅から徒歩1分ほどの公園。広さは約4万坪に及ぶ広大な公園です。園内には、渓流や築山、噴水など、様々な異なる見どころが配置されていて、色づく木々もそれぞれ異なった雰囲気の中で楽しめます。なんといってもお薦めは観月橋の周りの紅葉です。橋も真っ赤なので紅葉ととてもよく合っています。

エリア:甲信越・新潟県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月上旬

奥只見湖は只見川をせき止めてできた日本有数の貯水量を誇る人造湖です。渓流沿いの銀山平には日帰り温泉もあり、ゆったりと寛ぐには最高の場所と言えます。湖畔は静寂に包まれ、秋空の下を彩る紅葉風景は爽やか。ゆっくりとした時の流れを感じながら紅葉を楽しんでは如何でしょうか。

このページのトップへ↑

長野県

エリア:甲信越・長野県
例年の色づき:9月中旬
例年の紅葉の見ごろ:9月下旬~10月上旬

乗鞍岳は23の峰が連なり、主峰は標高3,026mの剣ヶ峰。カラマツやシラビソの林が広がり、山肌の上部標高2,700m付近は9月中旬から紅葉する。標高が高いため紅葉は9月中旬から始まります。特に、大雪渓下の位ヶ原では、ナナカマドの赤い紅葉とハイマツの緑のコントラストが見事な景観を創り出しています。

エリア:甲信越・長野県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月上旬

梓川にかかる河童橋から眺める穂高連峰は、季節を問わない景勝地として名高い紅葉地です。秋には、カツラ、シラカバなどから上高地の紅葉が始まり、カラマツの黄金色がシーズンの終わりを演出する大パノラマとなります。大正池や田代池の湖面には木々の紅葉が鮮やかに映り、絶景を映し出してくれるでしょう。

エリア:甲信越・長野県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月中旬

秋は白馬三山の雪化粧を背景に、ナナカマドやモミジ、ダケカンバ、オオシラビソなど、ダイナミックな紅葉が楽しめる、壮大な公園です。自然園へ向かう、栂池高原からゴンドラ・ロープウェイを乗り継ぐ空中散歩の展望は圧巻の一言。自然園の一番奥、展望湿原からは白馬岳の大雪渓が望めます。

エリア:甲信越・長野県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月上旬

高山村の松川渓谷は日本でも有数のV字渓谷を造り、紅葉の名所として有名です。ブナ、カエデ、 モミジなどが赤や黄色の配色で彩られ絶景です。また、渓谷に沿って点在する信州高山温泉郷の露天風呂は、間近に美しい紅葉が広がり人気が高い紅葉スポットになっています。

エリア:甲信越・長野県
例年の色づき:9月中旬
例年の紅葉の見ごろ:9月下旬~10月中旬

志賀高原はドライブのほか、大小70ほどある湖沼や湿原を巡るハイキングなどで秋の風景を満喫できる、ファミリーで楽しむ向けの紅葉スポットです。針葉樹の緑とナナカマド、ミズナラ、ヤマウルシなどの紅葉の彩りは実に美しく、多くの観光客の目を楽しませています。見頃の期間も長いのも嬉しい特徴です。

このページのトップへ↑

山梨県

エリア:甲信越・山梨県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月中旬~11月下旬

標高1,300mの天下茶屋、830mの河口湖では、それぞれの移りゆく紅葉が楽しめます。60本の巨木もみじで織りなす「もみじ回廊」や約1.5kmのもみじ並木「もみじ街道」は毎年紅葉イベント期間中ライトアップされます。闇夜に浮かぶ紅葉のグラデーションは荘厳の一言です。

エリア:甲信越・山梨県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~12月上旬

天神森から仙娥滝にかけて、約4kmにわたって渓谷が続き、標高差があるため色づき始める時期が少しづつずれて紅葉していくため、1ヵ月以上もの間、紅葉を楽しむことができるのが特徴です。また、荒川ダム上流の野猿谷林道沿いの紅葉並びに板敷渓谷の紅葉も美麗な景観を誇ります。

エリア:甲信越・山梨県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月中旬

JR甲府駅から車で20分足らずでたどり着く昇仙峡は、国の特別名勝にも指定されている景観を誇る、甲信越を代表する名紅葉スポットです。約4kmにわたって続く渓谷には、主峰の覚円峰(かくえんぼう)を筆頭に、珍しい岩や数々の美しい滝が点在し、訪れた人たちを楽しませてくれます。標高差があるため1ヶ月以上にわたってモミジやサクラ、ナナカマドなどの紅葉が楽しめるのも大きな魅力です。

エリア:甲信越・山梨県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月上旬

東日本屈指の渓谷美を誇る清流が侵食して形成されたV字谷です。数多くの滝が点在し、渓谷美で知られ、渓谷内には遊歩道が設けられ、花崗岩と滝、そして紅葉した樹木が競演する美麗な景観を歩きながら楽しめます。ハイキングコースもありますので、ゆったり回るにも最高です。

エリア:甲信越・山梨県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月下旬

尾崎龍王という4つの尾を連ねた龍が住んでいる龍神伝説から四尾連湖と言われています。湖畔では秋になると湖の青とモミジ・カエデなどの赤・黄のコントラストが壮大で素晴らしく、訪れる人を魅了し続けています。

このページのトップへ↑

北陸

富山県

エリア:北陸・富山県
例年の色づき:10月中旬~10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月中旬

黒部峡谷は黒部川が刻み込んだ日本最深のV字峡として知られています。黒部峡谷鉄道では「宇奈月駅」から終点「欅平駅」までの約1時間20分、車窓からの景色を楽しむことができ、標高224mの宇奈月駅周辺では例年11月上旬~中旬が紅葉の最盛期となります。

エリア:北陸・富山県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月下旬

標高2,000~1,600mの弥陀ケ原は10月上旬が紅葉の最盛期を迎えます。このあたりからダケカンバがあり、高原の紅葉として人気がある紅葉スポットです。立山カルデラ展望台ヘはバス停から徒歩約20分と気楽にアクセスできます。

エリア:北陸・富山県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月下旬

地名の「室」は宿泊所、「堂」は宗教的な施設を指し、立山登拝のために江戸時代に作られた日本最古の山小屋「立山室堂」があります。秋になるとナナカマドを始め様々な木々が色づき、一面の草紅葉におおわれ、その背景に3000m級の立山の雄大な姿を観ることができる、富山県随一の紅葉スポットとなります。

エリア:北陸・富山県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月中旬

有峰湖は岐阜との県境近くにあり、昭和36(1961)年に建造されたダムによってできた人造湖です。湖の周囲には登山やハイキングに適した遊歩道が整備されているほか、キャンプ場などの設備もあるので、それぞれ思い思いの方法で紅葉が楽しめます。自然と一体化した美しい紅葉の景色を楽しむことができる良スポットです。

エリア:北陸・富山県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~10月下旬

山頂部分の岩場が露出して烏帽子のように見えることから冠山と名づけられたという由来がある山です。その名のとおり山頂への道は険しい登山コースですが、すぐ下に広がる冠平は花畑が広がる草原で、気軽に散策することができます。眼前に広がる木々が赤や橙色の紅葉に色づいた大パノラマは壮観です。

このページのトップへ↑

石川県

エリア:北陸・石川県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

養老元年からの歴史をかいま見る事が出来る真言宗の名刹。境内には、様々な重要文化財が点在していて歴史が感じられます。ここを訪れた松尾芭蕉は「石山の石より白し秋の風」と詠んだ事で有名。境内はイロハモミジ、ヤマモミジなどで赤に染められ、優美な眺めとな理、紅葉ファンだけでなく、多くの俳句ファン・歴史ファンも訪れます。

このページのトップへ↑

福井県

エリア:北陸・福井県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月中旬

見ごろの時期になると、みるみるうちに木々が色づく。穏やかな湖面にその彩(いろ)を映し、夢のかけ橋の優美な姿と共に絶妙なコントラストをかもしだします。昼夜の気温差が大きいため、特に色鮮やかに紅葉するのが特徴です。

エリア:北陸・福井県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月上旬

龍双ヶ滝は、かつてこの龍双ヶ滝には深い滝壷があり(現在は浅いものしか見当たらないが)、そこに龍が住んでいたと言われている、日本の滝百選にも選ばれた滝で、落差60mあり岩肌を拡がるように流れ落ちる姿が美しく、観光客の目を楽しませています。

エリア:東北・福井県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月上旬

曹洞宗の大本山として知られる永平寺は、寛元2(1244)年、道元禅師によって創建された出家参禅の道場です。今も200人ほどが禅の修行を行い、独特の雰囲気が漂います。境内の入口付近や最奥の法堂周辺が紅葉の見どころです。紅葉の美しさも名高く、木々が色づく見ごろには紅葉目当ての観光客が大勢訪れ、普段からも歴史ファンで賑わっています。

エリア:北陸・福井県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月中旬

白山国立公園の南部にある刈込池は、周囲約400mの高原性の湖沼です。ジュウモンジシダやサワグルミの林に囲まれ、サンショウウオなど珍しい生き物にも恵まれている名所です。荘厳な雰囲気も漂う鏡面のような水面に、モミジ、ナナカマド、カエデ、ブナ等の紅葉が映える様は何とも言えぬ優美な風景です。

このページのトップへ↑

東海

愛知県

エリア:東海・愛知県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

香嵐渓といえば何といっても秋の紅葉です。寛永11年(1634年)頃に香積寺第11世住職三栄和尚が杉やもみじをお手植えされたのが始まりとされ、大正末年から昭和初期には住民のボランティアでモミジの大補植が施されました。11月には、絢爛豪華な香嵐渓にころもがえをします。四千本のもみじが黄や紅に染まる様は圧巻です。11月の1ヶ月間は、夜間のライトアップも行われています。時間は日没から午後9時迄。昼間とは違った幻想的な雰囲気が楽しめます。


エリア:東海・愛知県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月中旬

愛知県で一番高い茶臼山を擁し、県内で最も早く紅葉を楽しむことができる高原です。なかでも萩太郎山北斜面の紅葉がひときわ美しい。モミジやカエデ、ブナやナナカマドなどの鮮やかな紅葉を見ることができます。中心部にはレストラン、売店、キャンプ場、休暇村、山頂展望台があり、一年中バラエティーに富んだレジャーが楽しめ、ファミリーでも少数旅でも十分に楽しめます。

このページのトップへ↑

岐阜県

エリア:東海・岐阜県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月下旬

奥飛騨温泉郷の紅葉は、高低差があるためシーズンが長いのが特徴です。9月下旬に新穂高ロープウェイの山頂駅付近からはじまり、奥飛騨温泉郷のふもと周辺まで1ヶ月ほど楽しめるのは嬉しいですね。ロープウェイから眺めるシラカバ、ナナカマド、ダケカンバ等の紅葉はまた格別ですので、訪れた際は是非ロープウェイに乗ってみてください。

エリア:東海・岐阜県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

木曽川の流れをせきとめ造られた大井ダム周辺の景勝地です。高速ジェット船での恵那峡めぐりが人気ですが、遊覧船に乗って両岸の断崖絶壁に生える紅葉をゆっくり楽しむのもおすすめのポイントです。ツツジやクヌギ、ケヤキなどの紅葉が見られ、青く澄んだ水面に映る景色が美しい紅葉スポットです。

エリア:東海・岐阜県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月中旬

「飛騨美濃せせらぎ街道」とは、郡上八幡から吉田川を遡り、坂本トンネルを抜けて高山に向かう道の愛称の事です。黄金色に色を変えたモミジやブナなどが美しく、澄み切ったせせらぎや鳥の声にも心が洗われます。平成22年4月より有料区間が無料となり、より多くの観光客がその紅葉を観に訪れています。

このページのトップへ↑

三重県

エリア:東海・三重県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月上旬

標高1,212mの御在所岳の山頂から湯の山温泉街へと紅葉が下りていく模様をロープウエイから約1ヶ月の間、楽しむことができます。山上・中腹・山麓エリアと段階的に見ごろを迎え、絶景が広がります。御在所岳の紅葉は、ツツジ科の赤、クスノキ科の黄色、そして針葉樹の緑が織りなす色彩が鮮やかです。

エリア:東海・三重県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

滝川の上流、4kmにわたって続く渓谷で、滝を見ながら歩ける遊歩道が整備され、手軽なハイキングコースとして人気がある紅葉の名所です。遊歩道は片道1時間30分ほどで、途中には茶店などもあり、のんびりと自分のペースで歩き進めることができます。秋の紅葉は実に見事で、イロハモミジ、カエデ、ヤマザクラ等が一面を赤く染め、自然の織りなす美しさを心ゆくまで眺めることができます。

このページのトップへ↑

静岡県

エリア:東海・静岡県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月下旬

大井川支流の渓谷で、エメラルドグリーンの湖面と渓谷の色づきとのコントラストは圧巻です。ゆっくり散策できるコースが整備されていて、ゆったりと清流の様々な眺めを満喫できます。圧巻は長さ90m、湖面からの高さ8mの「夢の吊橋」。ちょっぴりスリリングな揺れる橋の上からサクラやカエデ、ケヤキ等で紅葉に染まった絶景を楽しめます。

エリア:東海・静岡県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

井川ダムから下流10kmにわたって続く大井川の渓谷です。両側に山が迫り、切り立った絶壁を原始林の紅葉が彩ります。下の水面に映りこむ紅葉の美しさも格別です。

このページのトップへ↑

関西

大阪府

エリア:関西・大阪府
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月下旬

芥川上流、大小の奇岩が清流の小渓谷沿いに連なり、摂津耶馬溪とも呼ばれる名所です。園内には約420種の植物が繁茂し、モミジ谷やクヌギ谷など紅葉ファンなら一度は訪れたい光景が広がります。のんびりと自然の中散策してみてはどうでしょうか。

エリア:関西・大阪府
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

天台宗の古刹で、牛滝寺とも呼ばれ、多宝塔は国の重要文化財に指定されている名勝です。モミジやイチョウが色づく紅葉の名所としても知られ、秋の紅葉の風情ある情景がなんともいえぬ素晴らしさを誇っています。

エリア:関西・大阪府
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

昭和45年(1970年)に千里丘陵で開催された日本万国博覧会の跡地に広がる総合公園。万博のシンボル太陽の塔が今もそびえ立ち、当時訪れた人たちを感慨に包みます。樹木の種類の豊富さと本数の多さは群を抜いており、自然文化園の紅葉渓などが楽しめるのもポイントです。紅葉ファンに人気の名所です。

このページのトップへ↑

兵庫県

エリア:関西・兵庫県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月下旬

日本の代表的な樹木や世界各地の樹木を原産地別に分類し約1200種を植栽している、世界のモミジがみられる名所です。秋には色とりどりの美しい紅葉が楽しめ、「世界のモミジ狩り」が堪能できます。特に長谷池やシアトルの森周辺は見ごたえ十分です。

エリア:関西・兵庫県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

かつて末寺3000を数えた名刹で、三重塔や本堂など多くの建物が建ちならぶ名寺です。テンモクカエデの全山紅葉は特に見事で、一番の見ごろは毎年11月上旬頃。毎年11月3日の山開きとともに多くの参詣者が訪れ、賑わいをみせています。

このページのトップへ↑

京都府

エリア:関西・京都府
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~12月上旬

慶長11年、豊臣秀吉の菩提を弔うため正室のねねが建立したといわれている、開山堂、霊屋、観月台、茶室の傘亭・時雨亭など開山時の建物が現存している寺社です。美しい庭園は小堀遠州作と言い伝えられています。借景と共に眺める紅葉はまさに息をのむ美しさ。

エリア:関西・京都府
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

宇多天皇が平安時代に創建した真言宗御室派の総本山。国宝の金堂をはじめ、左右に金剛力士像を安置する二王門、五重塔経蔵など数多くの堂塔が建ち並びます。荘厳な伽藍が朱に染まる秋の風情が素晴らしく、様々な姿を見せるカエデを楽しむことができ、毎年多くの観光客を惹きつけています。

エリア:関西・京都府
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

花園上皇の離宮を禅寺に改めて創建した大寺。46の塔頭を有する寺域の全域が国の史跡に指定されており、紅葉の名所も多い。紅葉に定評のある大法院は、秋の庭が美しい11月に公開されます。

エリア:関西・京都府
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~12月上旬

天台宗の門跡寺院で代々皇族が住職を務めた格式ある寺院です。寺宝の青不動明王二童子像は平安仏画の最高傑作の一つといわれ、境内には相阿弥作・築山泉水庭と小堀遠州作・霧島の庭があり、紅葉の美しさは格別です。夜間にはライトアップされ、見所の苔庭は、この世のものとは思えない幻想的な景色に変わり人々を魅了します。

エリア:関西・京都府
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~12月上旬

比叡山の円仁が開いた天台宗の古刹です。釈迦如来、阿弥陀如来の2体の本尊を祀っていることが寺名の由来です。総門から本堂までの参道は、「紅葉の馬場」と呼ばれる紅葉の名所で、紅葉シーズンには全国から多くの観光客が訪れます。

このページのトップへ↑

奈良県

エリア:関西・奈良県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~12月上旬

東大寺、興福寺や国立博物館など、数々の社寺や文化施設がある東西4km、南北2kmに及ぶ広大な公園で、野生の鹿が見られることでも有名です。秋はモミジやイチョウ、ナンキンハゼなど多種類の紅葉が初冬までの長い期間楽しめ、その紅葉していく姿は古き良き日本の紅葉風景を醸し出します。情緒有る公園です。

エリア:関西・奈良県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月下旬

藤原鎌足を奉った場所で、裏にある談山は鎌足が中大兄皇子と蘇我氏打倒の密談を行った場所でもあります。燃えるようなモミジの紅葉が、壮麗な朱塗りの十三重塔に華を添え、多武峰の深い木立が全山で紅葉するさまは見ごたえがあります。遠方からも多くの歴史ファンや観光客が訪れる名所です。

このページのトップへ↑

滋賀県

エリア:関西・滋賀県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月下旬

伝教大師最澄が開いた天台宗の総本山です。歴史の教科書にも載っており、大半の日本人がその名を耳にした事のある名寺社です。東塔、西塔、横川の三塔十六谷からなり、比叡山中に数百の堂や伽藍が点在します。約2000本を超えるモミジが紅色、黄色に紅葉し、美しい色合いを見せる様は圧巻です。紅葉ファンだけでなく歴史ファンも足を運びます。

エリア:関西・滋賀県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~12月上旬

金剛輪寺のヤマモミジやトウカエデの紅葉はその鮮烈な色合いから「血染めの紅葉」としての名称で知られている。1200年前に聖武天皇の勅願で行基が開山したと言われています。境内には国宝の本堂、二天門、三重塔等があり、多くの歴史ファンも訪れています。

エリア:関西・滋賀県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~12月上旬

彦根城北側にある池泉回遊式庭園で、国の名勝に指定されている名園です。中国唐時代の玄宗皇帝の離宮をなぞらえた、江戸時代初期の庭を現代に伝えています。秋にはイロハモミジが紅く染まり、池に映った紅葉も楽しめ、夜間ライトアップされた景色は昼間とは全く違った幻想的な表情を夜空に映します。

このページのトップへ↑

和歌山県

このページのトップへ↑

中国

岡山県

エリア:中国・岡山県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月上旬

鏡野町の奥津地区と上斎原地区にかけて広がる総面積334haの岡山県を代表する広大な自然公園です。四季を通じてさまざまな植物が見られ、カラマツ林や湿原・高山植物の宝庫でもあります。秋の紅葉はとりわけ素晴らしく、ヤマボウシなど、かわいい紅色の実をつけます。豊富なコースの遊歩道で思い思いに散策を楽しむのもよし、ファミリーで楽しむのもよしの紅葉スポットです。

エリア:中国・岡山県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月中旬

蒜山と大山を結ぶ観光道路、蒜山大山スカイラインも紅葉を楽しみながらのドライブに最適な岡山県を代表する観光スポットのひとつです。ブナの原生林やモミジ、カエデなどの紅葉、ススキの群生など、鬼女台からは大山の眺めを楽しめます。

このページのトップへ↑

広島県

エリア:中国・広島県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月下旬

三段峡の上流部は竜門、三ツ滝などが北広島町ひじりにある名所です。三段滝は全長120mにわたる三段からなる豪快な滝として有名です。二段滝は昭和63年の集中豪雨により一段目の岩壁がはがれ現在は一段になってしまっています。

このページのトップへ↑

鳥取県

エリア:中国・鳥取県
例年の色づき:10月中旬~10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬

国の名勝地に指定されている小鹿渓(おしかけい)は、約4kmの渓谷で、滝や深渕が交互に分布し、美しい景観を織りなしています。もみじの里展望公園から1kmにわたり遊歩道があり、川を見ながら散策できるのがお薦めポイントです。

エリア:中国・鳥取県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月中旬

三徳山三佛寺は、山岳仏教の霊場で修験道の行場として開山された寺です。数多くの寺宝を展示する宝物殿を過ぎて、くらみそうな石段を登りつめると、仏教の精髄たちこめる本堂が姿をあらわす。そしてこの本堂裏から国宝の投入堂(なげいれどう)まで往復約1時間30分の登山道が続きます。

このページのトップへ↑

島根県

エリア:中国・島根県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11上旬

島根県内最高峰・安蔵寺山にはブナの原生林が残り、山は黄や赤に染まります。山頂からは四国の石鎚山が見え、その姿は圧巻の一言。登山道沿いには県下最大のミズナラの巨木があり、観光スポットとして有名です。麓の「杣(ソマ)の里よこみち」では、紅葉の中、イノシシ肉、山菜料理、手打ちそば等で山里の秋を満喫できます。

エリア:中国・島根県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月中旬

山陰の耶馬渓といわれる渓谷で、国地方随一の絶景スポットです。四季折々にその自然の美しさを見せ、名勝天然記念物、県立自然公園に指定されています。秋には紅葉の名所として、公園内の遊歩道等橋をめぐる散策コースに、毎年全国から沢山の人出があります。

このページのトップへ↑

山口県

エリア:中国・山口県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

長門峡は、「21世紀に残したい日本の自然百選・森林浴の森百選」 に選ばれた美しい渓谷です。 英斑岩が川の水に侵食されてできた景観はまさに目を見張るものがあります。紅葉の頃は極彩色の絵を見るようです。

このページのトップへ↑

四国

徳島県

エリア:四国・徳島県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月中旬

四国山脈を祖谷川によって深く切れ込まれてできた渓谷で、池田町松尾地区から西祖谷山村を縦断し、東祖谷名頃付近まで約50km続く渓谷です。谷底から峰まで全山紅葉する姿はまさに絶景で、祖谷街道から眺めることもできます。

このページのトップへ↑

香川県

このページのトップへ↑

愛媛県

エリア:四国・愛媛県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

「新日本百景」の一つに選ばれた国領川上流の渓谷地です。生子橋~遠登志渓谷を経て清滝に至る一帯は約10kmに及び、変化に富む巨岩、高山植物の群生、清流は別格です。別子ラインという名は、渓谷美で知られるドイツのライン川になぞらえて名付けられたといわれています。秋には目の覚める色鮮やかな紅葉が、観光客の目を楽しませています。

このページのトップへ↑

高知県

エリア:四国・愛媛県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

「新日本百景」の一つに選ばれた国領川上流の渓谷地です。生子橋~遠登志渓谷を経て清滝に至る一帯は約10kmに及び、変化に富む巨岩、高山植物の群生、清流は別格です。別子ラインという名は、渓谷美で知られるドイツのライン川になぞらえて名付けられたといわれています。秋には目の覚める色鮮やかな紅葉が、観光客の目を楽しませています。

このページのトップへ↑

九州

福岡県

エリア:九州・福岡県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月上旬

英彦山(ひこさん)は古くから修験道場として知られている霊山です。現在は英彦山神宮があり、杉の大木やブナ、カエデにおおわれた山内は四季の変化が格別の美しさを演出します。山頂からは雄大な展望が望められ、登山愛好家からも親しまれている山です。

このページのトップへ↑

佐賀県

このページのトップへ↑

熊本県

エリア:九州・熊本県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月中旬

平成元年10月に架設した梅の木轟公園の吊橋(橋長116m・高さ55m、吊床版橋)が紅葉の渓谷に白いリボンを張り渡したように架かり、周辺峡谷美と橋の独特な構造美が秋の渓谷に見事な調和をなしている、九州屈指の紅葉スポットです。

エリア:九州・熊本県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月中旬


風が吹くたびに花吹雪の様に落ち葉が舞い散る様は秋の 深まりとやがて訪れる冬の雪を連想させます。秋の渓流に映える紅葉は特に素晴らしく、大小さまざまな瀬・渕・滝が岩と調和し、移り変わる自然の妙を楽しめる、熊本県屈指の紅葉スポットです。

このページのトップへ↑

長崎県

エリア:九州・長崎県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月上旬

雲仙は紅葉する植物が120種類以上と言われ、この一帯は昭和3年西日本の典型的な紅葉として、国の天然記念物(普賢岳広葉樹林)として指定されており、10月下旬には緑濃いモミ、ヤマグルマ等の紅と自然が生み出す色の対比は「錦しゅう」と呼ぶにふさわしいあざやかな景観を見せてくれます。景観を楽しむ場所は普賢岳、妙見岳など各山の山頂や仁田峠展望台、有料道路随所にがありますが、国見岳山頂からは特に素晴らしい景観です。

このページのトップへ↑

大分県

このページのトップへ↑

宮崎県

エリア:九州・宮崎県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月上旬

えびの高原の紅葉は、池巡りコースの百紫池から白鳥山・六観音池へと続く、白鳥山北展望台からの大パノラマとコバルトブルーの湖面に映える目の覚めるような鮮やかで真っ赤な紅葉が魅力の紅葉スポットです。

このページのトップへ↑

鹿児島県

このページのトップへ↑