甲信越

甲信越

新潟県

エリア:甲信越・新潟県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月上旬

日本三大峡谷の一つに数えられ、清津川の流れにそって両岸数kmにわたって柱状節理の岩壁がそびえたつ国指定名勝天然記念物。現在は安全への配慮から約750m(往復1.5km)の「清津峡渓谷トンネル」が完成し、4ヶ所の見晴所から渓谷美を観賞できる。

エリア:甲信越・新潟県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月中旬

笹ヶ峰一周歩道として有名です。約10km、所要4時間でのんびり周回できます。紅葉を見ながらのハイキングが楽しめる、まったりと過ごしたい方向けの紅葉スポットです。

エリア:甲信越・新潟県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月中旬

弥彦温泉郷にあり、弥彦駅から徒歩1分ほどの公園。広さは約4万坪に及ぶ広大な公園です。園内には、渓流や築山、噴水など、様々な異なる見どころが配置されていて、色づく木々もそれぞれ異なった雰囲気の中で楽しめます。なんといってもお薦めは観月橋の周りの紅葉です。橋も真っ赤なので紅葉ととてもよく合っています。

エリア:甲信越・新潟県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月上旬

奥只見湖は只見川をせき止めてできた日本有数の貯水量を誇る人造湖です。渓流沿いの銀山平には日帰り温泉もあり、ゆったりと寛ぐには最高の場所と言えます。湖畔は静寂に包まれ、秋空の下を彩る紅葉風景は爽やか。ゆっくりとした時の流れを感じながら紅葉を楽しんでは如何でしょうか。

エリア:甲信越・新潟県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

明治時代の大地主、高橋家の別荘の庭園として造られたのがもみじ園です。樹齢150年から200年ほどのカエデやツツジなどが園内を彩っています。また、最も多いのは京都から移植されたとされるイロハカエデです。陽の光で色合いが変化する日中のモミジとライトアップされた幻想的な夜のモミジを楽しむことができます。紅葉ファンなら一度は訪れたい名所です。

このページのトップへ↑

長野県

エリア:甲信越・長野県
例年の色づき:9月中旬
例年の紅葉の見ごろ:9月下旬~10月上旬

乗鞍岳は23の峰が連なり、主峰は標高3,026mの剣ヶ峰。カラマツやシラビソの林が広がり、山肌の上部標高2,700m付近は9月中旬から紅葉する。標高が高いため紅葉は9月中旬から始まります。特に、大雪渓下の位ヶ原では、ナナカマドの赤い紅葉とハイマツの緑のコントラストが見事な景観を創り出しています。

エリア:甲信越・長野県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月上旬

梓川にかかる河童橋から眺める穂高連峰は、季節を問わない景勝地として名高い紅葉地です。秋には、カツラ、シラカバなどから上高地の紅葉が始まり、カラマツの黄金色がシーズンの終わりを演出する大パノラマとなります。大正池や田代池の湖面には木々の紅葉が鮮やかに映り、絶景を映し出してくれるでしょう。

エリア:甲信越・長野県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月中旬

秋は白馬三山の雪化粧を背景に、ナナカマドやモミジ、ダケカンバ、オオシラビソなど、ダイナミックな紅葉が楽しめる、壮大な公園です。自然園へ向かう、栂池高原からゴンドラ・ロープウェイを乗り継ぐ空中散歩の展望は圧巻の一言。自然園の一番奥、展望湿原からは白馬岳の大雪渓が望めます。

エリア:甲信越・長野県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月上旬

高山村の松川渓谷は日本でも有数のV字渓谷を造り、紅葉の名所として有名です。ブナ、カエデ、 モミジなどが赤や黄色の配色で彩られ絶景です。また、渓谷に沿って点在する信州高山温泉郷の露天風呂は、間近に美しい紅葉が広がり人気が高い紅葉スポットになっています。

エリア:甲信越・長野県
例年の色づき:9月中旬
例年の紅葉の見ごろ:9月下旬~10月中旬

志賀高原はドライブのほか、大小70ほどある湖沼や湿原を巡るハイキングなどで秋の風景を満喫できる、ファミリーで楽しむ向けの紅葉スポットです。針葉樹の緑とナナカマド、ミズナラ、ヤマウルシなどの紅葉の彩りは実に美しく、多くの観光客の目を楽しませています。見頃の期間も長いのも嬉しい特徴です。

このページのトップへ↑

山梨県

エリア:甲信越・山梨県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月中旬~11月下旬

標高1,300mの天下茶屋、830mの河口湖では、それぞれの移りゆく紅葉が楽しめます。60本の巨木もみじで織りなす「もみじ回廊」や約1.5kmのもみじ並木「もみじ街道」は毎年紅葉イベント期間中ライトアップされます。闇夜に浮かぶ紅葉のグラデーションは荘厳の一言です。

エリア:甲信越・山梨県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~12月上旬

天神森から仙娥滝にかけて、約4kmにわたって渓谷が続き、標高差があるため色づき始める時期が少しづつずれて紅葉していくため、1ヵ月以上もの間、紅葉を楽しむことができるのが特徴です。また、荒川ダム上流の野猿谷林道沿いの紅葉並びに板敷渓谷の紅葉も美麗な景観を誇ります。

エリア:甲信越・山梨県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月中旬

JR甲府駅から車で20分足らずでたどり着く昇仙峡は、国の特別名勝にも指定されている景観を誇る、甲信越を代表する名紅葉スポットです。約4kmにわたって続く渓谷には、主峰の覚円峰(かくえんぼう)を筆頭に、珍しい岩や数々の美しい滝が点在し、訪れた人たちを楽しませてくれます。標高差があるため1ヶ月以上にわたってモミジやサクラ、ナナカマドなどの紅葉が楽しめるのも大きな魅力です。

エリア:甲信越・山梨県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月上旬

東日本屈指の渓谷美を誇る清流が侵食して形成されたV字谷です。数多くの滝が点在し、渓谷美で知られ、渓谷内には遊歩道が設けられ、花崗岩と滝、そして紅葉した樹木が競演する美麗な景観を歩きながら楽しめます。ハイキングコースもありますので、ゆったり回るにも最高です。

エリア:甲信越・山梨県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月下旬

尾崎龍王という4つの尾を連ねた龍が住んでいる龍神伝説から四尾連湖と言われています。湖畔では秋になると湖の青とモミジ・カエデなどの赤・黄のコントラストが壮大で素晴らしく、訪れる人を魅了し続けています。

このページのトップへ↑