国の指定名勝

国の指定名勝

北海道

札幌

エリア:札幌・中央区
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~10月下旬

遊歩道が整備されており、楽しくハイキングしながら紅葉が楽しめる、ファミリー向けの紅葉スポットです。のんびり歩きながら秋を感じてみてはいかがでしょうか。園内は北に北海道神宮境内、南に円山原始林が広がっている円山公園は、陸上競技場や野球場、テニスコートなど、さまざまな運動施設が集まっているスポーツの一大フィールドでもあります。園内には、動物園(円山動物園)もあります。

エリア:札幌・南区
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月中旬

支笏湖は日本で2番目に深い湖です。湖の北側には恵庭岳、南側には風不死岳、樽前山の支笏三山がそびえ立ちます。透明度が高く、シナノキ、ヤマモミジ、イチョウなど色とりどりの紅葉がくっきりと湖面に広がる眺めは実に感動的です。また、水中遊覧船から眺めるのも人気があります。期間中に行われる紅葉まつりは要チェックです。

このページのトップへ↑

道央

エリア:道央
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬

毎年みごとな紅葉が湖を秋色一色に染めあげる名勝。三笠市にある桂沢湖は、桂沢ダムの完成によりできた大人造湖。道立自然公園に指定されています。10月上旬から徐々に森全体が色づき始め10月中旬には、赤・黄の鮮やかな色彩が湖を彩る、見事な紅葉風景を楽しめます。また、毎年秋に開催されるみかさ桂沢紅葉まつりは必見です。

エリア:北海道・道央
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月中旬

秋になると、ニセコアンヌプリ、イワオヌプリなどの紅葉を楽しむため多くのレジャー客や登山者がつめかける名所。山肌は低い樹木が錦絵のように鮮やかに色付いています。 紅葉のあまりのきれいさに歓声があがるほど。

このページのトップへ↑

道北

エリア:北海道・道北
例年の色づき:9月中旬~9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月中旬

ウトロと羅臼を結ぶ知床横断道路の頂点、知床連山の尾根筋にあたる標高738mの峠です。ここから見る羅臼岳の紅葉は実に見事で、天候が良ければ国後島まで望むことができます。道北の名所と名高い峠です。

このページのトップへ↑

道南

このページのトップへ↑

道東

エリア:札幌・東区
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月中旬

ネス湖の「ネッシー」のような怪獣伝説のあるのが屈斜路湖。雄大なこの湖では、カヌーなどのスポーツが盛んに行われています。ナナカマド、ヤマウルシ、カエデなどの紅葉が湖畔の水面に反射し美しい情景を映し出しています。

エリア:北海道・道東
例年の色づき:9月上旬
例年の紅葉の見ごろ:9月中旬~初雪まで

優美な裾野に見事な紅葉が広がる名所。最盛期には紅葉狩りを楽しみながら点在する温泉巡りを楽しむこともできる、北海度・道東地区を代表する山です。

このページのトップへ↑

東北

青森県

エリア:東北・青森県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月中旬

八甲田山は青森市の南側にそびえる火山群の総称です。八甲田は大岳を主峰とし、北八甲田と南八甲田の16の峰から成ります。北八甲田の田茂萢岳の山頂近くまでロープウェイがかかり、360度のパノラマ紅葉を気軽に楽しむことができます、

エリア:東北・青森県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月上旬

弘前公園に残る天守閣や城門は390年以上の歴史を誇る重要文化財です。紅葉の季節になると、風情のある古城が色鮮やかな秋の装いを醸し出します。城郭を彩るサクラやモミジは、弘前が歩んできた歴史を今に伝えているかのようです。

このページのトップへ↑

岩手県

エリア:東北・岩手県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月中旬

秋にはアオモリトドマツの樹海の中に、黄色い葉をつけたダケカンバの白い樹幹が幻想的に浮き上がる、絶好の紅葉スポットです。実際の光景はスケールが大きく、あたり一面がオレンジ色のグラデーションのように華やかです。是非足を運んでみてください。

エリア:東北・岩手県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月上旬

奥州藤原氏3代の廊所、「中尊寺金色」の名勝で有名な古刹で、紅葉の美しさも格別です。850(嘉祥3)年に慈覚大師によって開かれ、12世紀初めに藤原初代清衡が戦死者への供養と悠久の平和を願って再興したという由緒ある名所で、秋だけでなく、年中観光客が絶えることがありません。

エリア:東北・岩手県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月中旬

岩手、秋田、宮城の3県にまたがる栗駒山の中腹、標高1126mの須川高原では、高原ならではの澄んだ空気に映えるナナカマド、カエデ、モミジの色合いが実に見事です。また、高原の秘湯は300年以上の歴史を誇り、紅葉だけでなく温泉も楽しめる場所として旅行者に親しまれています。

このページのトップへ↑

宮城県

エリア:東北・宮城県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月上旬

JR鳴子温泉駅から車で約5分。国道47号に平行して走るV字型峡谷は、大谷川の侵蝕により成立した峡谷で、高さ約100mの断崖絶壁が2.5kmに渡って続く。奇岩と松の緑が点在する中に織りなす紅葉美は数ある名所の中でも第一級といわれるほど。紅葉期間中はJR鳴子温泉駅から中山平温泉駅間で路線バスが運行する。

このページのトップへ↑

秋田県

エリア:東北・秋田県
例年の色づき:10月初旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月上旬

角館は、秋田藩の支藩、佐竹北家の城下町として開けた町として知られる。みちのくの小京都角館の武家屋敷は春の「桜」で有名ですが、秋の紅葉も目を見張る素晴らしさです。近年では中国や台湾などの外国人観光客ががすごく増えています。

エリア:東北・秋田県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~11月上旬

秋田県と山形県にまたがる鳥海山は出羽富士とも呼ばれ、日本海を間近に望んでいる名山です。気温の寒暖の差が激しく、四季の変化がはっきりとしているため、紅葉シーズンの景色は抜群です。五合目まで登る鳥海ブルーラインをドライブしながら見るブナなどの紅葉散策ルートがおすすめです。

このページのトップへ↑

山形県

エリア:東北・山形県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月下旬

山形県と宮城県にまたがる蔵王連峰は、最高峰の熊野岳(1,841m)、地蔵山、刈田岳など1,700m級の山々が連なる、東北を代表する山々です。蔵王国定公園・中央蔵王を巡る蔵王エコーライン・ハイライン沿いには不動滝、三階滝、御釜など自然景観に富む名所が数多く点在します。9月下旬から始まる紅葉は、多くの観光客に感動を与える名スポットとして有名です。

エリア:山形県・山寺
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月上旬

通称「山寺」と呼ばれ親しまれる霊場・宝珠山立石寺です。秋に山が炎のように紅葉に包まれる様は圧巻で、特に五大堂からの眺めは格別です。紅葉シーズンの一定期間は(年度によって期間は異なります)、宝珠山のライトアップも行われます。

エリア:東北・山形県
例年の色づき:9月中旬
例年の紅葉の見ごろ:9月下旬~10月中旬

山形県の白布温泉から福島県の桧原湖北岸を結ぶ全長約18kmの西吾妻スカイバレーは、裏磐梯の絶景や、不動滝をはじめとする景勝地にも恵まれた、全国からの観光客が絶えない観光名所です。開湯700年の歴史を誇る白布温泉にも立ち寄り山形の紅葉を楽しむのがおすすめです。

このページのトップへ↑

福島県

このページのトップへ↑

関東

東京都

エリア:関東・東京都
例年の色づき:11月中旬
例年の紅葉の見ごろ:11月下旬~12月上旬

特に絵画館を正面に臨むイチョウ並木が有名。最盛期には歩道さえも落ち葉による黄色い絨毯で覆われ、一面黄色の不思議な空間に迷い込んだような感覚を覚えます。

エリア:関東・東京都
例年の色づき:11月中旬
例年の紅葉の見ごろ:11月下旬~12月上旬

回遊式築山泉水庭園。秋になると約400本のモミジが庭園を鮮やかに彩る、東京都屈指の紅葉スポット。特に園の北西、水香江あたりの紅葉が見事です。ライトアップは昼間とは180度違った表情を魅せてくれます。

エリア:関東・東京都
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

立川飛行場跡につくられた、関東を代表する公園です。園内は水のゾーン・広場ゾーン・森のゾーンなどに分かれており、とにかく広大な自然景観が美しいのが特徴です。またサイクリングやバーベキューガーデン等のレジャー施設も完備されており、多くのファミリーで賑わいます。紅葉スポットも数多く、カナール(=運河)付近にあるイチョウの並木道などはたくさんの人たちでにぎわいます。

このページのトップへ↑

神奈川県

エリア:関東・神奈川県
例年の色づき:11月上旬
例年の紅葉の見ごろ:11月中旬~11月下旬

箱根の紅葉は芦ノ湖から始まり、仙石原、強羅、小涌谷へと移ってゆく。最も美しいポイントの一つが強羅の箱根美術館で、苔庭、竹庭に紅葉が映える様は絶景です。強羅から芦之湯にかけての国道1号沿いではドライブがてらの紅葉が楽しめるので有名です。箱根登山鉄道の出山の鉄橋付近でも、雄大な紅葉が楽しめます。

エリア:関東・神奈川県
例年の色づき:11月上旬
例年の紅葉の見ごろ:11月中旬~12月上旬

源頼朝の鎌倉入り800年を記念して造像した約2mの頼朝像が目を引く、歴史的資料価値のある公園です。源氏山は源義家が後三年の役の際、この山頂に源氏の象徴である白旗を立てて勝利祈願をした地といわれています。四季を通じて自然の美しさを楽しむことができ、特に秋の紅葉はすばらしい。鎌倉の史跡を訪ねながらイチョウやカエデが色づく道を散策してみてはいかがでしょうか。

エリア:関東・神奈川県
例年の色づき:11月中旬
例年の紅葉の見ごろ:11月下旬~12月上旬

源頼朝公が由比郷に祀られていた八幡宮を治承4(1180年)年に現在地に遷して以来、昔も今も鎌倉の象徴として親しまれている鶴岡八幡宮。境内には歴史的建造物が点在し、伝統的な神事も数多い。秋には鮮やかに色づいた木々が境内をより神秘的に彩ります。歴史ファンは勿論、その紅葉の美しさに、多くの観光客を惹きつけます。

このページのトップへ↑

千葉県

エリア:関東・千葉県
例年の色づき:11月中旬
例年の紅葉の見ごろ:11月下旬~12月上旬

養老川上流の谷、養老渓谷はハイキングのメッカで、小湊鉄道月崎、上総大久保、養老渓谷の各駅を起点とした1時間から4時間のコースが紅葉狩りハイクに最適です。梅ヶ瀬、栗又の滝、筒森もみじ谷、中瀬遊歩道といった紅葉のスポットがあります。また、紅葉期間中はライトアップがあり、夜の闇に幻想的に浮き上がる紅葉は、筆舌に尽くし難い景色です。

エリア:関東・千葉県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月中旬~12月上旬

関東三不動の一つで、真言宗智山派の大本山です。天慶3(940)年からの歴史を誇る境内には5棟の重要文化財があり、年間を通して数多くの参詣者でにぎわっている名所です。紅葉の季節は特にすばらしい風情が楽しめます。

このページのトップへ↑

埼玉県

エリア:関東・埼玉県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月上旬

武信国境の十文字峠に源を発した中津川が、南天山と白泰山のせまるあいだを縫い、岩石をけずり深い谷間を形づくる、大自然溢れる景観です。大滑から谷の最奥の中津川地区までの8kmの間は100mにもおよぶ絶壁もあり、原生林の新緑や紅葉の時期には、奥秩父随一の美観と称賛され、県の名勝地に指定されている紅葉スポットです。

エリア:関東・埼玉県
例年の色づき:11月上旬
例年の紅葉の見ごろ:11月中旬~12月上旬

武蔵野の緩やかな丘陵地に広がる広大な公園は、全国で最初に造られた国営公園です。園内では、サイクリング、オリエンテーリング、アスレチックなどさまざまな体験ができる、市民憩いの場になっています。11月中旬から12月上旬まで、20種約500本のカエデがライトアップされ、夜空に浮かぶ紅葉たちは幻想的です。

エリア:関東・埼玉県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

名栗地区の霊地といわれる白雲山。山頂には赤く色づくカエデの中に、大観音と小観音が白く浮かび上がり、霊地にふさわしい神秘的な紅葉を鑑賞することができます。西遊記でお馴染みの「玄奘三蔵法師霊骨」が祀られていることでも有名です。また周辺にはハイキングコースが整備され、家族連れでも紅葉狩りを楽しめるおすすめスポットとなっています

このページのトップへ↑

茨城県

エリア:関東・茨城県
例年の色づき:10月中旬~10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月初旬~11月中旬

男体山・女体山の2峰からなる筑波山は、日本一標高の低い日本百名山のひとつ。山頂から御幸ヶ原にかけてはブナをはじめとした落葉紅葉樹が多く、11月初旬から紅葉を楽しむことができます。山頂へは登山コースのほか、ケーブルカーやロープウェイを利用すれば山頂付近までらくにアクセスできます。ケーブルカー宮脇駅周辺から映える紅葉は見事の一言です。

エリア:関東・茨城県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

竜神川の浸食作用によってできたV字形の渓谷が美しく、関東の耶馬渓と呼ばれるのが竜神峡です。竜神川の流れる渓谷にはハイキングコースがあるので、ゆっくりと色づいたヤマウルシやカエデなどの風景を眺めつつ散策がおすすめです。古い滝つぼが変化してできたとされる亀ヶ淵や、渓谷下流の竜神ダム上空100mの空中散歩を楽しめる長さ375mの竜神大吊橋は必見の価値有り!

このページのトップへ↑

栃木県

エリア:関東・栃木県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~11月上旬

中禅寺湖に注ぐ湯川にあるこの滝は、栃木県を代表する名滝です。その姿が天から駆け下りる竜の頭のように見えるため「竜頭」の名の由来になりました。滝の正面には観滝台があり、そこからの景観は見事です。奥日光では紅葉の訪れが最も早い場所としても知られ、滝を包み込むように広がる赤や黄色に色づいた木々は絶景の大パノラマを映し出します。

このページのトップへ↑

群馬県

エリア:関東・栃木県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~11月上旬

中禅寺湖に注ぐ湯川にあるこの滝は、栃木県を代表する名滝です。その姿が天から駆け下りる竜の頭のように見えるため「竜頭」の名の由来になりました。滝の正面には観滝台があり、そこからの景観は見事です。奥日光では紅葉の訪れが最も早い場所としても知られ、滝を包み込むように広がる赤や黄色に色づいた木々は絶景の大パノラマを映し出します。

このページのトップへ↑

甲信越

新潟県

このページのトップへ↑

長野県

エリア:甲信越・長野県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月上旬

梓川にかかる河童橋から眺める穂高連峰は、季節を問わない景勝地として名高い紅葉地です。秋には、カツラ、シラカバなどから上高地の紅葉が始まり、カラマツの黄金色がシーズンの終わりを演出する大パノラマとなります。大正池や田代池の湖面には木々の紅葉が鮮やかに映り、絶景を映し出してくれるでしょう。

このページのトップへ↑

山梨県

エリア:甲信越・山梨県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~12月上旬

天神森から仙娥滝にかけて、約4kmにわたって渓谷が続き、標高差があるため色づき始める時期が少しづつずれて紅葉していくため、1ヵ月以上もの間、紅葉を楽しむことができるのが特徴です。また、荒川ダム上流の野猿谷林道沿いの紅葉並びに板敷渓谷の紅葉も美麗な景観を誇ります。

エリア:甲信越・山梨県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月中旬

JR甲府駅から車で20分足らずでたどり着く昇仙峡は、国の特別名勝にも指定されている景観を誇る、甲信越を代表する名紅葉スポットです。約4kmにわたって続く渓谷には、主峰の覚円峰(かくえんぼう)を筆頭に、珍しい岩や数々の美しい滝が点在し、訪れた人たちを楽しませてくれます。標高差があるため1ヶ月以上にわたってモミジやサクラ、ナナカマドなどの紅葉が楽しめるのも大きな魅力です。

エリア:甲信越・山梨県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月上旬

東日本屈指の渓谷美を誇る清流が侵食して形成されたV字谷です。数多くの滝が点在し、渓谷美で知られ、渓谷内には遊歩道が設けられ、花崗岩と滝、そして紅葉した樹木が競演する美麗な景観を歩きながら楽しめます。ハイキングコースもありますので、ゆったり回るにも最高です。

このページのトップへ↑

北陸

富山県

このページのトップへ↑

石川県

エリア:北陸・石川県
例年の色づき:11月中旬
例年の紅葉の見ごろ:11月下旬~12月上旬

国指定特別名勝です。江戸時代の代表的な林泉回遊式庭園で、春は花、夏は木々の緑、秋は紅葉、冬は雪景色と四季折々の風景が楽しめます。紅葉はモミジ類約330本、サクラ約400本、ケヤキ約60本、その他、ニシキギ、ドウダンツツジ等、さまざまな植物がみられます

エリア:北陸・石川県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

養老元年からの歴史をかいま見る事が出来る真言宗の名刹。境内には、様々な重要文化財が点在していて歴史が感じられます。ここを訪れた松尾芭蕉は「石山の石より白し秋の風」と詠んだ事で有名。境内はイロハモミジ、ヤマモミジなどで赤に染められ、優美な眺めとな理、紅葉ファンだけでなく、多くの俳句ファン・歴史ファンも訪れます。

このページのトップへ↑

福井県

このページのトップへ↑

東海

愛知県

エリア:東海・愛知県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

香嵐渓といえば何といっても秋の紅葉です。寛永11年(1634年)頃に香積寺第11世住職三栄和尚が杉やもみじをお手植えされたのが始まりとされ、大正末年から昭和初期には住民のボランティアでモミジの大補植が施されました。11月には、絢爛豪華な香嵐渓にころもがえをします。四千本のもみじが黄や紅に染まる様は圧巻です。11月の1ヶ月間は、夜間のライトアップも行われています。時間は日没から午後9時迄。昼間とは違った幻想的な雰囲気が楽しめます。


エリア:東海・愛知県
例年の色づき:11月上旬
例年の紅葉の見ごろ:11月中旬~11月下旬

鳳来寺山は、春は新緑、夏はキャンプ、秋は全山紅葉の中でのハイキング、冬は山麓の湯谷温泉の花まつりなど四季を通じて親しまれている山です。特に紅葉祭りは全国から多くの人が集まる紅葉狩りの名所として親しまれています。色とりどりの雄大な山々はまさに圧巻の一言です。

エリア:東海・愛知県
例年の色づき:11月中旬
例年の紅葉の見ごろ:11月下旬~12月中旬

貞享3(1686)年に創建された尾張徳川家ゆかりの寺。五重塔は国の重要文化財に指定されている有名な建立物です。秋の紅葉が特に有名で、日本古来の風景が見える趣のある景観が楽しめます。また、毎月5日と13日には縁日が開かれ境内に露店が立ち並ぶのも魅力的です。

このページのトップへ↑

岐阜県

エリア:東海・岐阜県
例年の色づき:11月中旬
例年の紅葉の見ごろ:11月下旬~12月上旬

「紅葉のトンネル」と形容される、美しい紅葉を楽しめる公園です。養老鉄道養老駅から公園最深部の養老の滝までの徒歩約40分の道のりに紅葉が続く。特に土産品店を過ぎたあたりからは、モミジを中心とした「紅葉のトンネル」が続きます。

エリア:東海・岐阜県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

木曽川の流れをせきとめ造られた大井ダム周辺の景勝地です。高速ジェット船での恵那峡めぐりが人気ですが、遊覧船に乗って両岸の断崖絶壁に生える紅葉をゆっくり楽しむのもおすすめのポイントです。ツツジやクヌギ、ケヤキなどの紅葉が見られ、青く澄んだ水面に映る景色が美しい紅葉スポットです。

このページのトップへ↑

三重県

エリア:東海・三重県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月上旬

標高1,212mの御在所岳の山頂から湯の山温泉街へと紅葉が下りていく模様をロープウエイから約1ヶ月の間、楽しむことができます。山上・中腹・山麓エリアと段階的に見ごろを迎え、絶景が広がります。御在所岳の紅葉は、ツツジ科の赤、クスノキ科の黄色、そして針葉樹の緑が織りなす色彩が鮮やかです。

エリア:東海・三重県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

滝川の上流、4kmにわたって続く渓谷で、滝を見ながら歩ける遊歩道が整備され、手軽なハイキングコースとして人気がある紅葉の名所です。遊歩道は片道1時間30分ほどで、途中には茶店などもあり、のんびりと自分のペースで歩き進めることができます。秋の紅葉は実に見事で、イロハモミジ、カエデ、ヤマザクラ等が一面を赤く染め、自然の織りなす美しさを心ゆくまで眺めることができます。

このページのトップへ↑

静岡県

このページのトップへ↑

関西

大阪府

エリア:関西・大阪府
例年の色づき:11月中旬
例年の紅葉の見ごろ:11月下旬~12月上旬

「日本の滝百選」に選定されている落差33mの大滝です。その流れ落ちる滝の姿が、農具の「箕」に似ていることから、箕面滝と呼ばれるようになり、地名の由来もここから来ていると言われています。秋の箕面大滝は燃えたつ紅葉に、滝の音が冴えわたり、秋涼爽快、我を忘れるほどの見事さと形容されるほどの絶景を誇ります。

エリア:関西・大阪府
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

天台宗の古刹で、牛滝寺とも呼ばれ、多宝塔は国の重要文化財に指定されている名勝です。モミジやイチョウが色づく紅葉の名所としても知られ、秋の紅葉の風情ある情景がなんともいえぬ素晴らしさを誇っています。

このページのトップへ↑

兵庫県

このページのトップへ↑

京都府

エリア:関西・京都府
例年の色づき:11月中旬
例年の紅葉の見ごろ:11月下旬~12月上旬

昔から貴族たちに愛された京都随一の景勝地です。歴史ある京都の古都の趣と、自然を楽しむことができます。大堰川の遊歩道を歩きながら、錦色に染まる山々の風景を眺めたり、紅葉狩りスポットを周遊するのもおすすめ。時代劇などでもよく登場する渡月橋周辺では、気軽に京料理が楽しめるレストランやお土産ショップも点在しています。11月には紅葉祭りが行われ、多くの観光客で賑わいを見せます。

エリア:関西・京都府
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~12月上旬

慶長11年、豊臣秀吉の菩提を弔うため正室のねねが建立したといわれている、開山堂、霊屋、観月台、茶室の傘亭・時雨亭など開山時の建物が現存している寺社です。美しい庭園は小堀遠州作と言い伝えられています。借景と共に眺める紅葉はまさに息をのむ美しさ。

エリア:関西・京都府
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~12月上旬

天台宗の門跡寺院で代々皇族が住職を務めた格式ある寺院です。寺宝の青不動明王二童子像は平安仏画の最高傑作の一つといわれ、境内には相阿弥作・築山泉水庭と小堀遠州作・霧島の庭があり、紅葉の美しさは格別です。夜間にはライトアップされ、見所の苔庭は、この世のものとは思えない幻想的な景色に変わり人々を魅了します。

エリア:関西・京都府
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~12月上旬

比叡山の円仁が開いた天台宗の古刹です。釈迦如来、阿弥陀如来の2体の本尊を祀っていることが寺名の由来です。総門から本堂までの参道は、「紅葉の馬場」と呼ばれる紅葉の名所で、紅葉シーズンには全国から多くの観光客が訪れます。

このページのトップへ↑

奈良県

このページのトップへ↑

滋賀県

エリア:関西・滋賀県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月下旬

伝教大師最澄が開いた天台宗の総本山です。歴史の教科書にも載っており、大半の日本人がその名を耳にした事のある名寺社です。東塔、西塔、横川の三塔十六谷からなり、比叡山中に数百の堂や伽藍が点在します。約2000本を超えるモミジが紅色、黄色に紅葉し、美しい色合いを見せる様は圧巻です。紅葉ファンだけでなく歴史ファンも足を運びます。

エリア:関西・滋賀県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~12月上旬

金剛輪寺のヤマモミジやトウカエデの紅葉はその鮮烈な色合いから「血染めの紅葉」としての名称で知られている。1200年前に聖武天皇の勅願で行基が開山したと言われています。境内には国宝の本堂、二天門、三重塔等があり、多くの歴史ファンも訪れています。

エリア:関西・滋賀県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~12月上旬

彦根城北側にある池泉回遊式庭園で、国の名勝に指定されている名園です。中国唐時代の玄宗皇帝の離宮をなぞらえた、江戸時代初期の庭を現代に伝えています。秋にはイロハモミジが紅く染まり、池に映った紅葉も楽しめ、夜間ライトアップされた景色は昼間とは全く違った幻想的な表情を夜空に映します。

このページのトップへ↑

和歌山県

このページのトップへ↑

中国

岡山県

このページのトップへ↑

広島県

エリア:中国・広島県
例年の色づき:11月上旬
例年の紅葉の見ごろ:11月中旬~11月下旬

世界遺産登録地としても知られる厳島神社の近く、弥山山麓の谷あいの紅葉谷川に沿って広がる公園です。季節ごとに変わりゆく自然を満喫することができます、特に秋には約200本のモミジが一斉に色づき、大自然の荘厳で美しい光景を目にすることができます。圧巻の一言です。

このページのトップへ↑

鳥取県

エリア:中国・鳥取県
例年の色づき:10月中旬~10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬

国の名勝地に指定されている小鹿渓(おしかけい)は、約4kmの渓谷で、滝や深渕が交互に分布し、美しい景観を織りなしています。もみじの里展望公園から1kmにわたり遊歩道があり、川を見ながら散策できるのがお薦めポイントです。

エリア:中国・鳥取県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月中旬

三徳山三佛寺は、山岳仏教の霊場で修験道の行場として開山された寺です。数多くの寺宝を展示する宝物殿を過ぎて、くらみそうな石段を登りつめると、仏教の精髄たちこめる本堂が姿をあらわす。そしてこの本堂裏から国宝の投入堂(なげいれどう)まで往復約1時間30分の登山道が続きます。

このページのトップへ↑

島根県

エリア:中国・島根県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月中旬

山陰の耶馬渓といわれる渓谷で、国地方随一の絶景スポットです。四季折々にその自然の美しさを見せ、名勝天然記念物、県立自然公園に指定されています。秋には紅葉の名所として、公園内の遊歩道等橋をめぐる散策コースに、毎年全国から沢山の人出があります。

このページのトップへ↑

山口県

エリア:中国・山口県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

長門峡は、「21世紀に残したい日本の自然百選・森林浴の森百選」 に選ばれた美しい渓谷です。 英斑岩が川の水に侵食されてできた景観はまさに目を見張るものがあります。紅葉の頃は極彩色の絵を見るようです。

このページのトップへ↑

四国

徳島県

エリア:四国・徳島県
例年の色づき:11月中旬
例年の紅葉の見ごろ:11月下旬~12月上旬

大麻比古神社の裏にある丸山公園は、モミジやハゼ、桜などの紅葉の美しい所として知られている公園です。春には桜の花も咲き、四季折々の景観を楽しめます。彩り豊かな大自然を満喫できます。

エリア:四国・徳島県
例年の色づき:11月上旬
例年の紅葉の見ごろ:11月中旬~11月下旬

四国山地を横切る吉野川の激流に、結晶片岩が削られてできた渓谷です。大歩危では、2億年もの時を経て、大自然がつくり出した巨岩奇岩が、約2kmにわたってあちらこちらで見られます。レストラン「大歩危峡まんなか」から出航する、往復約30分の遊覧船から、断崖を彩る紅葉をゆっくり眺めることもできます。訪れたら是非乗ってみて欲しい遊覧船です。

このページのトップへ↑

香川県

エリア:四国・香川県
例年の色づき:11月中旬
例年の紅葉の見ごろ:11月下旬~12月上旬

約3万坪におよぶ広大な神域はうっそうとした樹林におおわれ春の桜、初夏のツツジ、秋は紅葉と四季の雅趣に富んだ美しさを誇る、香川県随一の観光名所です。海抜521mの象頭山の東腹に建立された金刀比羅宮は歴史的遺産としてその存在を称え、年間300万人の観光客が訪れます。

エリア:四国・香川県
例年の色づき:11月上旬
例年の紅葉の見ごろ:11月中旬~12月上旬

綾川の上流、約7kmにわたる渓谷です。秋にはクヌギやカエデの美しい紅葉が一帯を鮮やかに染め上げる、香川県屈指の名紅葉スポットです。また、この地の水がきれいな事は有名で、渓谷は「水源の森百選」にも選ばれ、清流は「さぬきの名水」の一つになっている。

このページのトップへ↑

愛媛県

エリア:四国・愛媛県
例年の色づき:11月上旬
例年の紅葉の見ごろ:11月中旬~11月下旬

藩政時代に時の新谷藩主が、江戸からの帰途に京都の高雄から苗木を持ち帰り、藩の祈願所である稲荷神社の社前一帯に植えたのが始まりと伝えられている、由緒ある公園です。現在では樹齢約200年の老楓などが約3,000本あり、愛媛県下でも有数の紅葉の名所となっています。11月1日~30日の「もみじまつり」は、神社付近一帯が朱色に染まる中に露店などが立ち並び、県内外から多くの見物客が訪れる観光名所となっています。

エリア:四国・愛媛県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

「新日本百景」の一つに選ばれた国領川上流の渓谷地です。生子橋~遠登志渓谷を経て清滝に至る一帯は約10kmに及び、変化に富む巨岩、高山植物の群生、清流は別格です。別子ラインという名は、渓谷美で知られるドイツのライン川になぞらえて名付けられたといわれています。秋には目の覚める色鮮やかな紅葉が、観光客の目を楽しませています。

このページのトップへ↑

高知県

エリア:四国・愛媛県
例年の色づき:11月上旬
例年の紅葉の見ごろ:11月中旬~11月下旬

藩政時代に時の新谷藩主が、江戸からの帰途に京都の高雄から苗木を持ち帰り、藩の祈願所である稲荷神社の社前一帯に植えたのが始まりと伝えられている、由緒ある公園です。現在では樹齢約200年の老楓などが約3,000本あり、愛媛県下でも有数の紅葉の名所となっています。11月1日~30日の「もみじまつり」は、神社付近一帯が朱色に染まる中に露店などが立ち並び、県内外から多くの見物客が訪れる観光名所となっています。

エリア:四国・愛媛県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

「新日本百景」の一つに選ばれた国領川上流の渓谷地です。生子橋~遠登志渓谷を経て清滝に至る一帯は約10kmに及び、変化に富む巨岩、高山植物の群生、清流は別格です。別子ラインという名は、渓谷美で知られるドイツのライン川になぞらえて名付けられたといわれています。秋には目の覚める色鮮やかな紅葉が、観光客の目を楽しませています。

このページのトップへ↑

九州

福岡県

エリア:九州・福岡県
例年の色づき:11月上旬
例年の紅葉の見ごろ:11月中旬~11月下旬

今から約250年前、灯明用のろうの原料として久留米藩が植樹したもの。約200本ものハゼの並木が1km以上も続いており、全国街路樹100選にも選ばれている。

エリア:九州・福岡県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月上旬

英彦山(ひこさん)は古くから修験道場として知られている霊山です。現在は英彦山神宮があり、杉の大木やブナ、カエデにおおわれた山内は四季の変化が格別の美しさを演出します。山頂からは雄大な展望が望められ、登山愛好家からも親しまれている山です。

このページのトップへ↑

佐賀県

このページのトップへ↑

熊本県

このページのトップへ↑

長崎県

エリア:九州・長崎県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月上旬

雲仙は紅葉する植物が120種類以上と言われ、この一帯は昭和3年西日本の典型的な紅葉として、国の天然記念物(普賢岳広葉樹林)として指定されており、10月下旬には緑濃いモミ、ヤマグルマ等の紅と自然が生み出す色の対比は「錦しゅう」と呼ぶにふさわしいあざやかな景観を見せてくれます。景観を楽しむ場所は普賢岳、妙見岳など各山の山頂や仁田峠展望台、有料道路随所にがありますが、国見岳山頂からは特に素晴らしい景観です。

このページのトップへ↑

大分県

エリア:九州・大分県
例年の色づき:11月上旬
例年の紅葉の見ごろ:11月中旬

頼山陽に絶賛された山国川流域に広がる名勝地。まるで南画を見ているような一大峡谷の美しさは、本耶馬渓、深耶馬渓、裏耶馬渓、奥耶馬渓など広大な地域に及び、全国からの観光客が後を絶たない大分県屈指の紅葉スポットです。赤や黄に染まる秋は、耶馬渓全体が燃えるように美しく、一目八景の展望台から見上げる紅葉が特におすすめです。

このページのトップへ↑

宮崎県

このページのトップへ↑

鹿児島県

エリア:九州・鹿児島県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:11月中旬~11月下旬

県道1号小林・牧園線沿線(旧霧島スカイライン)は霧島温泉郷からえびの高原に至るルートで鹿児島県屈指の紅葉スポットとして有名です。標高の高いところから徐々に紅葉が始まる姿は息をのむ美しさ。標高1,411mの大浪池は紅葉の名所として人気があり、国道223号、霧島市牧園町高千穂柳平一帯(新川渓谷)は、天降川に沿って温泉宿が点在します。渓谷の紅葉が楽しめる紅葉スポットです。

エリア:九州・鹿児島県
例年の色づき:11月中旬
例年の紅葉の見ごろ:11月下旬~12月上旬

滝幅210m、高さ12mの壮大なスケールを誇り、別名「東洋のナイアガラ」とも呼ばれる曽木の滝。豪快な滝の白い水しぶきに映し出されるモミジやイチョウは、その彩りを一層艶やかにしてくれます。例年、勤労感謝の日を中心とした1週間が一番の見頃となります。また、もみじ祭りの期間中は、滝や紅葉のライトアップが行われます。夜の紅葉の美しさをは格別です。

このページのトップへ↑