関東

関東

東京都

エリア:関東・東京都
例年の色づき:11月中旬
例年の紅葉の見ごろ:11月下旬~12月上旬

特に絵画館を正面に臨むイチョウ並木が有名。最盛期には歩道さえも落ち葉による黄色い絨毯で覆われ、一面黄色の不思議な空間に迷い込んだような感覚を覚えます。

エリア:関東・東京都
例年の色づき:11月中旬
例年の紅葉の見ごろ:11月下旬~12月上旬

回遊式築山泉水庭園。秋になると約400本のモミジが庭園を鮮やかに彩る、東京都屈指の紅葉スポット。特に園の北西、水香江あたりの紅葉が見事です。ライトアップは昼間とは180度違った表情を魅せてくれます。

エリア:関東・東京都
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

立川飛行場跡につくられた、関東を代表する公園です。園内は水のゾーン・広場ゾーン・森のゾーンなどに分かれており、とにかく広大な自然景観が美しいのが特徴です。またサイクリングやバーベキューガーデン等のレジャー施設も完備されており、多くのファミリーで賑わいます。紅葉スポットも数多く、カナール(=運河)付近にあるイチョウの並木道などはたくさんの人たちでにぎわいます。

このページのトップへ↑

神奈川県

エリア:関東・神奈川県
例年の色づき:11月上旬
例年の紅葉の見ごろ:11月中旬~11月下旬

箱根の紅葉は芦ノ湖から始まり、仙石原、強羅、小涌谷へと移ってゆく。最も美しいポイントの一つが強羅の箱根美術館で、苔庭、竹庭に紅葉が映える様は絶景です。強羅から芦之湯にかけての国道1号沿いではドライブがてらの紅葉が楽しめるので有名です。箱根登山鉄道の出山の鉄橋付近でも、雄大な紅葉が楽しめます。

エリア:関東・神奈川県
例年の色づき:11月上旬
例年の紅葉の見ごろ:11月中旬~12月上旬

源頼朝の鎌倉入り800年を記念して造像した約2mの頼朝像が目を引く、歴史的資料価値のある公園です。源氏山は源義家が後三年の役の際、この山頂に源氏の象徴である白旗を立てて勝利祈願をした地といわれています。四季を通じて自然の美しさを楽しむことができ、特に秋の紅葉はすばらしい。鎌倉の史跡を訪ねながらイチョウやカエデが色づく道を散策してみてはいかがでしょうか。

エリア:関東・神奈川県
例年の色づき:11月中旬
例年の紅葉の見ごろ:11月下旬~12月上旬

源頼朝公が由比郷に祀られていた八幡宮を治承4(1180年)年に現在地に遷して以来、昔も今も鎌倉の象徴として親しまれている鶴岡八幡宮。境内には歴史的建造物が点在し、伝統的な神事も数多い。秋には鮮やかに色づいた木々が境内をより神秘的に彩ります。歴史ファンは勿論、その紅葉の美しさに、多くの観光客を惹きつけます。

このページのトップへ↑

千葉県

エリア:関東・千葉県
例年の色づき:11月中旬
例年の紅葉の見ごろ:11月下旬~12月上旬

養老川上流の谷、養老渓谷はハイキングのメッカで、小湊鉄道月崎、上総大久保、養老渓谷の各駅を起点とした1時間から4時間のコースが紅葉狩りハイクに最適です。梅ヶ瀬、栗又の滝、筒森もみじ谷、中瀬遊歩道といった紅葉のスポットがあります。また、紅葉期間中はライトアップがあり、夜の闇に幻想的に浮き上がる紅葉は、筆舌に尽くし難い景色です。

エリア:関東・千葉県
例年の色づき:11月中旬
例年の紅葉の見ごろ:12月上旬~12月上旬

君津市との境近くの県道市原天津小湊線白岩橋からの紅葉は、奥清澄の中でも最も美しい紅葉の名所として知られています。近くに川原に下りる道もあり、河原から見上げる岩壁の紅葉も格別な景観をほこります。

エリア:関東・千葉県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月中旬~12月上旬

関東三不動の一つで、真言宗智山派の大本山です。天慶3(940)年からの歴史を誇る境内には5棟の重要文化財があり、年間を通して数多くの参詣者でにぎわっている名所です。紅葉の季節は特にすばらしい風情が楽しめます。

エリア:関東・千葉県
例年の色づき:11月中旬
例年の紅葉の見ごろ:11月下旬~12月中旬

亀山湖は県下最大のダム湖で、キャンプや釣りなどが楽しめるファミリー向けリゾート地となっています。美しい自然林が生み出す色とりどりの紅葉はまるで「自然のパッチワーク」のような美しさ。年間を通じイベントも多く、例年11月末には「亀山オータムフェスティバル」が開催されています。期間中は紅葉観賞のクルーズ船も出港し、紅葉ファンの目を楽しませています。

このページのトップへ↑

埼玉県

エリア:関東・埼玉県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月上旬

武信国境の十文字峠に源を発した中津川が、南天山と白泰山のせまるあいだを縫い、岩石をけずり深い谷間を形づくる、大自然溢れる景観です。大滑から谷の最奥の中津川地区までの8kmの間は100mにもおよぶ絶壁もあり、原生林の新緑や紅葉の時期には、奥秩父随一の美観と称賛され、県の名勝地に指定されている紅葉スポットです。

エリア:関東・埼玉県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月下旬

長瀞ライン下りを楽しみながらの、荒川流域のモミジ、クヌギ、ナラなどの紅葉が素晴らしい、埼玉県屈指の大人気紅葉スポットです。Aコース(上流の親鼻橋から長瀞)、Bコース(長瀞から高砂橋)の2コースがあり、両方とも所要約30分のゆったりコース。「月の石もみじ公園」では毎年ライトアップを行っており、その美しさは格別です。

エリア:関東・埼玉県
例年の色づき:11月上旬
例年の紅葉の見ごろ:11月中旬~12月上旬

武蔵野の緩やかな丘陵地に広がる広大な公園は、全国で最初に造られた国営公園です。園内では、サイクリング、オリエンテーリング、アスレチックなどさまざまな体験ができる、市民憩いの場になっています。11月中旬から12月上旬まで、20種約500本のカエデがライトアップされ、夜空に浮かぶ紅葉たちは幻想的です。

エリア:関東・埼玉県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月中旬

荒川水系浦山川に建設されたダムで、重力式コンクリートダムとしては日本で2番目の高さを誇ります。堰止められてできた人工湖の秩父さくら湖は釣り場としても知られ、ダム周辺にはいくつもの広場が整備され、豊かな自然が生み出した様々な紅葉を眺めることができます。湖に迫った山並みが紅葉で覆われた眺めは見事です。

エリア:関東・埼玉県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月中旬

周囲を一周する道路も整備され、カヌー体験や釣りを楽しむことができます。色とりどりに染まった木々が湖水に映るさまは見事です。渓谷沿いの澄んだ流れと美しい紅葉を堪能できる散策もおすすめ!

エリア:関東・埼玉県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

名栗地区の霊地といわれる白雲山。山頂には赤く色づくカエデの中に、大観音と小観音が白く浮かび上がり、霊地にふさわしい神秘的な紅葉を鑑賞することができます。西遊記でお馴染みの「玄奘三蔵法師霊骨」が祀られていることでも有名です。また周辺にはハイキングコースが整備され、家族連れでも紅葉狩りを楽しめるおすすめスポットとなっています

このページのトップへ↑

茨城県

エリア:関東・茨城県
例年の色づき:10月中旬~10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月初旬~11月中旬

男体山・女体山の2峰からなる筑波山は、日本一標高の低い日本百名山のひとつ。山頂から御幸ヶ原にかけてはブナをはじめとした落葉紅葉樹が多く、11月初旬から紅葉を楽しむことができます。山頂へは登山コースのほか、ケーブルカーやロープウェイを利用すれば山頂付近までらくにアクセスできます。ケーブルカー宮脇駅周辺から映える紅葉は見事の一言です。

エリア:関東・茨城県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11中旬

日本三名瀑の一つに名を連ねる袋田の滝は、四季折々の表情を見せることで有名の茨城県を代表する絶景紅葉スポットです。秋には艶やかな紅葉のお化粧をし、その美しさは、かの西行法師が「花もみち 経緯にして山姫の 錦織出す 袋田の瀧」と詠んだことからもうかがい知ることができるでしょう。

エリア:関東・茨城県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

竜神川の浸食作用によってできたV字形の渓谷が美しく、関東の耶馬渓と呼ばれるのが竜神峡です。竜神川の流れる渓谷にはハイキングコースがあるので、ゆっくりと色づいたヤマウルシやカエデなどの風景を眺めつつ散策がおすすめです。古い滝つぼが変化してできたとされる亀ヶ淵や、渓谷下流の竜神ダム上空100mの空中散歩を楽しめる長さ375mの竜神大吊橋は必見の価値有り!

エリア:関東・茨城県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月下旬

福島県との県境近くにある花園渓谷は、紅葉シーズンになるとケヤキ、モミジともに美しく色づき、渓谷の景色を鮮やかに一変させます。花園神社に無料の市営駐車場があるのでそこから散策するのが良いでしょう。

このページのトップへ↑

栃木県

エリア:関東・栃木県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月上旬

「日本の道100選」にも選ばれている名所です。車中からでも山裾に広がる紅葉を楽しむことができ、標高差もあるので、紅葉前線が下りていく様子なども見ることができます。また、途中の黒髪平、明智平からは関東平野までも見渡せる大パノラマは絶景です。明智平からロープウェイで展望台まで上がると、中禅寺湖が一望できます。

エリア:関東・栃木県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月上旬

那須岳を中心とする那須連山の裾野に広がる、栃木県を代表する紅葉スポットが那須高原です。茶臼岳、朝日岳などでナナカマド、ドウダンツツジ、モミジ等が紅葉します。山腹から山頂にかけてロープウェイがかけられ、そこからの眺望は特に素晴らしい景観です。麓のボルケーノハイウェイ沿いでも、色鮮やかなナナカマドやモミジが楽しめます。

エリア:関東・栃木県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~11月上旬

中禅寺湖に注ぐ湯川にあるこの滝は、栃木県を代表する名滝です。その姿が天から駆け下りる竜の頭のように見えるため「竜頭」の名の由来になりました。滝の正面には観滝台があり、そこからの景観は見事です。奥日光では紅葉の訪れが最も早い場所としても知られ、滝を包み込むように広がる赤や黄色に色づいた木々は絶景の大パノラマを映し出します。

エリア:関東・栃木県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月中旬

川治温泉から川俣ダムへ向かう途中に続く渓谷。場所によっては、数百メートルはありそうな断崖絶壁に囲まれ、迫力のある風景となっている。秋には険しい渓谷が色づき、印象的な風景を見せる。荒々しいむき出しの岩肌と、紅葉が織りなすコントラストは一見の価値がある

このページのトップへ↑

群馬県

エリア:関東・群馬県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月下旬

利根川の支流、楢俣川沿いに位置し、11の小滝と清流と紅葉が本当に素晴らしく、詩人水原秋桜子が日本一の紅葉とうたった、みなかみ町の知られざる名所です。渓谷の紅葉の中を滝や渓流が流れる景色はとても美しく、滝めぐりを楽しみながら紅葉を楽しめる絶景スポットです。

エリア:関東・群馬県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月中旬

日本一の高層湿原である尾瀬ヶ原は、群馬・新潟・福島の3県にまたがっている名紅葉地です。その大部分は群馬県に含まれます。赤茶に色づく草紅葉、ナナカマドやツタウルシの鮮やかさも実に美麗です。一歩一歩踏みしめながら散策を楽しみたい、大人の紅葉スポットと言えるでしょう。

エリア:関東・群馬県
例年の色づき:9月中旬
例年の紅葉の見ごろ:9月下旬~10月中旬

白根山を抜ける志賀草津道路は、雄大で眺めのきれいな場所です。散策コースもいろいろあり自然を楽しめます。ナナカマドが真っ赤に染まり、印象的な風景が見渡せるのも魅力です。

エリア:関東・群馬県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月上旬

標高1828mの赤城山の周辺は自然の宝庫で見どころが多い群馬県を代表する紅葉スポットのひとつです。山麓にある大沼や小沼を1周するハイキングコースは、赤や黄色に色づいたナナカマドやミズナラ、カエデなどを楽しむのに最適で毎年多くの観光客が訪れます。

エリア:関東・群馬県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月上旬

榛名外輪山の噴火によってできたカルデラ湖。約5kmの湖周にはリゾート施設が点在する湖です。湖畔を周遊するトテ馬車、テニス、サイクリング、ゴーカート、遊覧船やボートなど通年楽しめ、ファミリーでくる観光客に大好評です。また紅葉シーズンには、湖と紅葉のコントラストを榛名富士と合わせて楽しむことができます。紅葉と共に湖面に映し出される榛名富士は最高の美しさです。

エリア:関東・群馬県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月上旬

約4kmにわたって続く吾妻渓谷は、関東有数の名峡として知られています。カエデ、クヌギなどに彩られた渓谷には「吾妻峡十景」と呼ばれる見どころがあり、奇岩などが楽しめ、多くの登山客の人気を集めています。そのほとんどが訪ねられるハイキングコースは全長2km弱。ゆっくり歩いて片道40分ほどなので家族連れでも楽しめます。

エリア:関東・群馬県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月上旬

白雲山、金洞山、金鶏山の3つからなるのが、妙義山です。山と呼ぶよりも巨岩に近い姿は迫力があり、日本三奇勝の一つにも数えられている。妙義神社に程近い妙義山パノラマパークでは、妙義山の主峰「白雲山」の紅葉が楽しめるほか、日帰り入浴施設「もみじの湯」もあり、家族でも楽しめます。

このページのトップへ↑