東北

東北

青森県

エリア:東北、青森県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~10月下旬

酸ヶ湯温泉は、千人風呂と呼ばれる広さ80坪もの総ヒバ造りの大浴場で有名です。周辺には地獄沼があり、10月から色づき始める紅葉は絶景の一言!大自然が少しずつ色づいてくる様は圧巻でありながらも荘厳。青森を代表する紅葉スポットの一つです。

エリア:東北・青森県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月中旬

八甲田山は青森市の南側にそびえる火山群の総称です。八甲田は大岳を主峰とし、北八甲田と南八甲田の16の峰から成ります。北八甲田の田茂萢岳の山頂近くまでロープウェイがかかり、360度のパノラマ紅葉を気軽に楽しむことができます、

エリア:東北・青森県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月上旬

弘前公園に残る天守閣や城門は390年以上の歴史を誇る重要文化財です。紅葉の季節になると、風情のある古城が色鮮やかな秋の装いを醸し出します。城郭を彩るサクラやモミジは、弘前が歩んできた歴史を今に伝えているかのようです。

このページのトップへ↑

岩手県

エリア:東北・岩手県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月中旬

秋にはアオモリトドマツの樹海の中に、黄色い葉をつけたダケカンバの白い樹幹が幻想的に浮き上がる、絶好の紅葉スポットです。実際の光景はスケールが大きく、あたり一面がオレンジ色のグラデーションのように華やかです。是非足を運んでみてください。

エリア:東北・岩手県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月上旬

奥州藤原氏3代の廊所、「中尊寺金色」の名勝で有名な古刹で、紅葉の美しさも格別です。850(嘉祥3)年に慈覚大師によって開かれ、12世紀初めに藤原初代清衡が戦死者への供養と悠久の平和を願って再興したという由緒ある名所で、秋だけでなく、年中観光客が絶えることがありません。

エリア:東北・岩手県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月中旬

岩手、秋田、宮城の3県にまたがる栗駒山の中腹、標高1126mの須川高原では、高原ならではの澄んだ空気に映えるナナカマド、カエデ、モミジの色合いが実に見事です。また、高原の秘湯は300年以上の歴史を誇り、紅葉だけでなく温泉も楽しめる場所として旅行者に親しまれています。

エリア:東北・岩手県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月上旬

釜石市と遠野市の境に位置する仙人峠。2007年3月に新仙人峠道路が開通しましたが、旧道の釜石側の道はループ形式となっていて、山の奥深さが実感できる名所です。目の前に迫ってくる色とりどりのナラ、ヤマザクラ、カエデが色とりどりに織りなす紅葉は、息をのむほどの美しさです。

このページのトップへ↑

宮城県

エリア:東北・宮城県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月上旬

JR鳴子温泉駅から車で約5分。国道47号に平行して走るV字型峡谷は、大谷川の侵蝕により成立した峡谷で、高さ約100mの断崖絶壁が2.5kmに渡って続く。奇岩と松の緑が点在する中に織りなす紅葉美は数ある名所の中でも第一級といわれるほど。紅葉期間中はJR鳴子温泉駅から中山平温泉駅間で路線バスが運行する。

エリア:東北・宮城県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月下旬

雄大な蔵王の山麓には紅葉の見どころが数多く点在する名所です。「日本の滝百選」にも選ばれている「三階滝」もみられます。ブナやミズナラが色づく紅葉の季節が最も美しいといわれている紅葉の名所です。ここから山を下ると神経痛やリウマチなどに効能があるといわれる遠刈田温泉もあり、そちらも多くの観光客が毎年訪れています。

エリア:東北・宮城県
例年の色づき:10月上旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月上旬

南蔵王山麓の深い森の中にあるのが長老湖です。青く澄んだ美しい湖で、湖面に色づいたブナ、ナラ、カエデなどが映える風景と正面にそびえる不忘山の景色は格別です!湖畔の遊歩道散策やボートにのりながら紅葉観賞を楽しめます。

このページのトップへ↑

秋田県

エリア:東北・秋田県
例年の色づき:10月初旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~11月上旬

角館は、秋田藩の支藩、佐竹北家の城下町として開けた町として知られる。みちのくの小京都角館の武家屋敷は春の「桜」で有名ですが、秋の紅葉も目を見張る素晴らしさです。近年では中国や台湾などの外国人観光客ががすごく増えています。

エリア:東北・秋田県
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月上旬

深さ日本一を誇り、透明度も高い田沢湖周囲にはブナやカエデの原生林が広がり、その壮大さは言葉では尽くせないほど。抱き返り渓谷に着いて目に付くつり橋「神の岩橋」からの眺めや回顧(みかえり)の滝付近の紅葉はまさに絶景です。一部立ち入り禁止区域がありますので事前にチェックしておきましょう。

エリア:東北・秋田県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月中旬~10月下旬

宮城県に接する湯沢市を代表する小安峡は、古くからの温泉地としても知られている、観光スポットです。深くえぐられた渓谷を彩る紅葉は、岩肌とのコントラストが印象的で幻想的な美しさをみせてくれます。

エリア:東北・秋田県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~11月上旬

秋田県と山形県にまたがる鳥海山は出羽富士とも呼ばれ、日本海を間近に望んでいる名山です。気温の寒暖の差が激しく、四季の変化がはっきりとしているため、紅葉シーズンの景色は抜群です。五合目まで登る鳥海ブルーラインをドライブしながら見るブナなどの紅葉散策ルートがおすすめです。

エリア:東北・秋田県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月中旬

三途川という名称が示すとおり、その先は川原毛という地獄、青森県の恐山、富山県の立山に並ぶ日本三大霊地の一つです。断崖絶壁には高さ40mの橋が架かり、まさに「この世」と「あの世」の架け橋さながらといったところでしょう。そこから真っ赤に色づいた渓谷を眺めると、美しい紅葉風景も浮世離れしてみえるでしょう。オカルトファンにも密かに人気の渓谷です。

このページのトップへ↑

山形県

エリア:東北・山形県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月下旬

山形県と宮城県にまたがる蔵王連峰は、最高峰の熊野岳(1,841m)、地蔵山、刈田岳など1,700m級の山々が連なる、東北を代表する山々です。蔵王国定公園・中央蔵王を巡る蔵王エコーライン・ハイライン沿いには不動滝、三階滝、御釜など自然景観に富む名所が数多く点在します。9月下旬から始まる紅葉は、多くの観光客に感動を与える名スポットとして有名です。

エリア:山形県・山寺
例年の色づき:10月中旬
例年の紅葉の見ごろ:10月下旬~11月上旬

通称「山寺」と呼ばれ親しまれる霊場・宝珠山立石寺です。秋に山が炎のように紅葉に包まれる様は圧巻で、特に五大堂からの眺めは格別です。紅葉シーズンの一定期間は(年度によって期間は異なります)、宝珠山のライトアップも行われます。

エリア:東北・山形県
例年の色づき:9月中旬
例年の紅葉の見ごろ:9月下旬~10月中旬

山形県の白布温泉から福島県の桧原湖北岸を結ぶ全長約18kmの西吾妻スカイバレーは、裏磐梯の絶景や、不動滝をはじめとする景勝地にも恵まれた、全国からの観光客が絶えない観光名所です。開湯700年の歴史を誇る白布温泉にも立ち寄り山形の紅葉を楽しむのがおすすめです。

このページのトップへ↑

福島県

エリア:東北・福島県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月下旬

高湯温泉から土湯峠までの全長29kmの磐梯吾妻スカイラインは、紅葉の見所として毎年多くの観光客が訪れる、紅葉スポットの中でも屈指のスポットです。中でも、作家・井上靖が選んだ「吾妻八景」からの展望が見どころです。また、周辺の豊富な湯量・泉質を誇る温泉地では湯めぐりも楽しめる、旅行向きのスポットです。

エリア:東北・福島県
例年の色づき:10月下旬
例年の紅葉の見ごろ:11月上旬~11月中旬

島山にある1周3kmの散策コースは、川沿いのため、福島随一の絶好の紅葉名所です。

エリア:東北・福島県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月下旬

磐梯山の噴火によって、桧原湖など大小約300の湖沼が裏磐梯にできたといわれています。その中でも代表的なものが五色沼。毘沙門沼、赤沼、みどろ沼、弁天沼、瑠璃沼、青沼などの総称です。片道約3.6kmのトレッキングコースがあり、沼とイタヤカエデ、ハウチワカエデ、ヤマウルシなどとのコントラストが満喫できるのは最高の一言です!

エリア:東北・福島県
例年の色づき:9月下旬
例年の紅葉の見ごろ:10月上旬~10月下旬

磐梯山の西側中腹を磐梯高原から猪苗代に抜ける全長約17kmの有料道路です。紅葉の名所としても知られ、樹海の中を縫うように走るヘアピンカーブが続きます。まぼろしの滝散策コースや猫魔八方台眺望コースなど、途中の遊歩道も整備されており、磐梯山の噴火口を間近に望みながら秋の裏磐梯の美しい景観を堪能できる名所です。

このページのトップへ↑